人気ブログランキング |

タグ:美術館 ( 64 ) タグの人気記事

東寺 空海と仏像曼荼羅

c0252688_16171568.jpg
 24日、東寺展を見に上野の国立博物館まで出かけて来た。coopを通じて前売券は買っておいた。
 東寺または教王護国寺の仏像曼荼羅のことを知ったのはいつ頃のことだったか、仏像に関する本を読んでいて、掲載されている写真によってだけでもその迫力には圧倒された。
 東寺は京都駅の南側にあたり、いわゆる観光地からは離れている。徒歩で行けるが道筋はまったくの住宅地である。史跡としてだけ残っている西寺の方は児童公園のようになっている。ときたま京都に出かけたときも、つい足を向けずに済ませていた。だが、いつだったか、仏像曼荼羅のことを思い出し、京都旅行の最後の日、初めて東寺を訪れた。以来、京都に出かけたときは必ず寄るようになった。
 国立博物館に来ると聞いて出かける気になったのは、東寺では正面から拝観するしかなく後ろ姿までは見ることが出来ないこと、寺院の施設としての講堂では照明に限度があることからである。つまり、曼荼羅として総体を見るのではなく、個々の仏像を芸術品として見ようということになるから、正しい見方とはいえなくなるということもあるだろう。それをおいても、二度とはない機会かも知れないと思ったのだ。
 展示は4部構成になっており、第1章は「空海と後七日御修法」、第2章「真言密教の至宝」、第3章「東寺の信仰と歴史」となっている。いずれも、ただ東寺を参拝しただけでは目にすることが出来ないものばかりで、真言密教の秘儀の一端に触れることができた思いはあった。だが、やはり興味は第4章「曼荼羅の世界」だった。
 密教であるから中心仏は大日如来ということになるのだと思うが大日如来像は来ていなかった。もともと如来や菩薩像よりも明王部・天部の仏像に惹かれるところが大きい。なのであまりがっかりすることはない。四天王では持国天と増長天の二体が来ていた。広目天・多聞天は東寺でも後方に位置しているから、この機会に間近に見られなかったのは残念だったが、二体だけでも来た甲斐があったと思った。ちょうど雨宮処凛の『生き地獄天国』を読んでいたところだったので、この憤怒の形相によってだけでも救われる人間がいるだろうとへんに納得した。他には、仏像曼荼羅には入らないが毘沙門天立像の若々しさに心惹かれた。
c0252688_16172661.jpg
 帝釈天騎象像のみ写真撮影がOKだった。初めて見た頃は物足りない感じだったが、男前といっていい端正な顔立ちだと改めて思った。モダンでもあると思った。

 
 

by yassall | 2019-05-25 17:10 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

庭園美術館でキスリング展

c0252688_20070156.jpg
 7日、目黒の庭園美術館でキスリング展が開かれているというので出かけて来た。エコール・ド・パリの画家の中では生前から絵もよく売れ、人柄も円満であったことから、かえって軽んじられることが多かったのではないだろうか。確かに描くところの女性たちはみな美しく、万人受けしやすい。だが、一目見てキスリングと分かる個性は明かで、ユダヤ系ポーランド人として第2次世界大戦中はナチスにも抵抗した。会場が庭園美術館ということで、どの程度の美術展になるか期待も半ばであったが、新館の方が充実していて作品数も多く、見応えのある展覧会だった。
c0252688_20071475.jpg
 庭園美術館は10数年ぶり。元朝香宮邸だからというわけではないがアール・デコは好みではない。ただ、贅を尽くしていることはよく分かる。今は都立美術館であるのだから歴史的建造物として受け止めてよしとするか。
c0252688_20073044.jpg
 この時期の新緑を楽しもうというのも出かける動機のひとつだった。あいにくの小雨模様だったがその分入場者が少なく、ほぼ独り占め状態だった。こちらは日本庭園側。
c0252688_20074641.jpg
 こちらは西洋庭園側である。

  TX1


by yassall | 2019-05-15 20:32 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

根津美術館

 4月28日、根津美術館へ出かけて来た。根津嘉一郎は東武鉄道の創始者にして我が武蔵大学の創立者である。「社会から得た利益は社会に還元する義務がある」という信念のもとであったという。古美術の収集も手がけ、根津美術館は嘉一郎の没後、コレクションを引き継いで開館した。その存在は学生時代から知っていたが、恩義に薄い身ゆえ、これまで足を運ぶには至らなかった。
c0252688_14205462.jpg
 当初、美術館は旧宅を改装したものであったという。隈研吾の設計による現在の展示棟は2009年のオープン。尾形光琳の国宝「燕子花図」を所蔵しており、毎年4月下旬~5月上旬にかけて公開されているとのことだ。琳派ファンとしては一度この目で実物を見ておきたいということもあり、また隈研吾の手になる建物も見てみたいというのが動機である。
c0252688_14212585.jpg
 美術館の中は撮影禁止。展示品を鑑賞後、庭に出てみる。嘉一郎の邸宅であった時代に造成されたものであるらしいが、手入れが行き届いて気持ちのよい庭園であった。
c0252688_14214470.jpg
 小さいながらも藤棚がしつらえてあったり。
c0252688_14215919.jpg
 「燕子花図」と比べてご覧なさい、とでもいうように八橋を模したようにカキツバタが植えられていたりしている。
c0252688_14220962.jpg
 決して広くはないが瀟洒という言葉がぴったりする。
c0252688_14221956.jpg
 これも嘉一郎のコレクションだろうか。道幅はどこもこれくらいだったが、傾斜地の上り下りを利用しており、回遊していて飽きない。
c0252688_14222759.jpg
 嘉一郎は茶人でもあったという。なかなかの風情である。
c0252688_14223623.jpg
 庭園への下り口は庭園口(1F)と茶室口(B1F)がある。茶室口手前から本館を見上げたところである。この日、誘いを受けてくれたのはTさん。二人して池袋までもどり、会食(飲?)。年に何度かそんな機会がある。

 RX100Ⅲ


by yassall | 2019-05-02 15:18 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

ル・コルビュジエ展

c0252688_16133710.jpg
 16日、ル・コルビュジエ展を見に国立西洋美術館まで出かけて来た。開催のアナウンスがあったときから出かけるつもりでいた。ただ、コルビュジエについてはまったく詳しくはない。コルビュジエはペンネームで、本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレということも初めて知った。
 スイスに生まれ、もともとは時計職人を継ぐつもりで装飾美術学校で学び、才能を見いだされて建築の道へとすすんだ。展覧会の副題には「絵画から建築へ」とあるが、最初に画家を志して後に建築へ転向したというのとは違うようだ。コルビュジエというペンネームを使い出したのはパリに出た後、詩人のポール・デルメ、画家のアメデエ・オザンファンと共に雑誌『レスプリ・ヌーヴォー』(L'esprit Nouveau)を創刊したころからだという。
 ピュリスムということばも初めて知った。『キュビスム以降』(1918)でコルビュジエとアメデエによって提唱されということだ。ただ、素人からみるとキュビズムとの区別は一見しただけでは難しい。対象を多面的にとらえ、画布の上に再構成していくという点では共通しているように思われる。実際、後年になってコルビュジエらはピカソにも「構成と総合」を認めるようになったとあった。
 会場にはピカソやブラックの作品も展示されていて、比較していくと少しずつ分かりかけてきた気もした。キュビスムがリアリズムへの挑戦であったとすれば、ピュリスムにはそのような攻撃性は薄い。描かれているのも瓶、水差し、グラスといった日常生活になじんだものであるし、色彩もパステルカラーを多用した穏やかなものとなっている。一面的はいえないが、機械文明、工業製品といった近代文明に対する親和性が感じられる。幾何学的で規則性、法則性を感じる。キュビスムと袂を分かったレジェがピュリスムに賛同するようになった、との解説があったが、よく理解できる気がする。
 近代文明に対する親和性ということは建築でもいえるような気がするが、これより先は勉強不足なので触れない。
c0252688_16140194.jpg
 夕日を背に受ける考える人。見慣れたはずなのになぜか写真に撮っておきたくなった。(RX100Ⅲ)

 

by yassall | 2019-04-17 16:50 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

福沢一郎展

 28日、「福沢一郎展」を見に国立近代美術館まで出かけて来た。
c0252688_15071081.jpg
 サブタイトルに「このどうしようもない世界を笑いとばせ」とあるのは、従来「シュルレアリスムの紹介者」とされてきた画家の再評価を企図してのことらしい。具体的には福沢の作品に「社会風刺」の要素を見いだし、対社会的意識の存在を浮き彫りにしようということのようだ。
 日本のシュルレアリスムの歴史をさかのぼると必ず福沢一郎の名前が出てくる。福沢が渡仏した1914年はアンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を発表した年である。もともと朝倉文夫に入門して彫刻家を志した福沢は、フランスの地でアバンギャルド運動に立ち会い、キリコやエルンストの影響下に画家として再出発する。
 そうした経緯からして福沢を「シュルレアリスムの紹介者」と位置づけるのは自然で、1941年に瀧口修造とともに治安維持法違反で拘禁された後、運動から離れていったことも日本のシュルレアリスム運動の終焉とともにあったとみるのは間違いではないと思われる。
 福沢一郎展の開催を知ったとき、最初はそのような歴史を振り返るための展覧会であると思ったし、1910年代の世界的な同時性を確認できればいいのだろうくらいに考えていた。だが、今回の展覧会を見て、画家としての射程はもっと長いものであったことが分かったと同時に、時代と誠実に向き合って来たことを知れたように思う。
 実はこの企画展に対しては美術評論家の黒瀬陽平が、福沢の風刺精神の存在や社会風刺のレベルに疑問を呈し、「結論ありきの予定調和的な再評価」として否定的な見解を発表している(『東京新聞』3.22)。そんなこともあり、私としてはなるべくフラットに展覧会に臨んだつもりだが、そこで得た感想はそのようなものであった。
 福沢自身が「自分はシュルレアリストではない」の述べていたということだが、日本のシュルレアリスムが真に世界と芸術の変革をめざしたものであったか、単なる意匠で終わってしまったかという問いと向き合ってみると、前者に対しては福沢の謙虚さが、後者に対しては明確な否定の意志が込められたことばであった気がする。つまり、「シュルレアリスムの原理を正確に理解した」かどうかは不明だが、少なくとも新しい意匠を振りまいて時代を先駆けたつもりになっていた、というのとは明らかに違うと思うのである。
 福沢はエルンストからコラージュの技法を学んだという。コラージュとはフランス語で「糊付け」という意味らしいのだが、ではパッチワークと一緒かといえばもちろ
ん違う。ひとつには「解剖台の上でのミシンと蝙蝠傘の出会い」の比喩の通り、異質のものとの出会いによる発見や飛躍、新しい美や意味の創造ということだろう。福沢の作品を見ていても、特に初期の作品にはそのような意図が顕著であるように思われる。
 だが、制作活動のその後の展開を追っていくとコラージュにはもうひとつの捉え方があるのではないかと思えてきた。それは「引用」である。代表作のひとつに「女」(1937)がある。どうやら描かれた女のポーズはマザッチオの「楽園追放」から取ったものであるというのである。「女」は福沢が満州を旅行した後に描かれている。中国東北部とみられる野を、右足から血を流し、左肩を押さえながら裸体で歩く女の姿に「楽園追放」のテーマを見いだすことはそれほど無理なことではないように思われる。
 戦時中、福沢も戦争協力を強いられ、何枚かの戦争画を描いている。その時代も含め、「敗戦群像」(1948)一連の終戦直後の作品を見ると、福沢が時代と時代に翻弄される自己と正対してきたことは確かだといってよいと思うのである。そして、そうであるからこそ南米・メキシコの旅の後の、展覧会では「文明批評としてのプリミティヴィズム」と標題がつけられた、画風の変化が訪れたと思うのである。思うに生命の新しいあり方の追究があったのである。
 
c0252688_15075295.jpg
 「埋葬」(1957)、中南米旅行の集大成的な作品。ただ一枚だけ撮影が許可されていた。東京駅のステンドグラスの原画にもなっているとのことだった。
   ※
 近代美術館へは有楽町線を市ヶ谷で新宿線に乗り換え、九段下から北の丸公園を抜けるコースを選んだ。せっかくなので桜を撮ろうという魂胆である。千鳥ヶ淵は満開という報道であったが桜はまだまだ六分咲き程度。空模様も曇天で、たいした写真は撮れなかったが、別稿でアップする。


 
 

by yassall | 2019-03-30 14:06 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

奇想の系譜展

 22日、奇想の系譜展を見に上野の東京都美術館まで出かけて来た。
c0252688_14011753.jpg
 「奇想の系譜」というタイトルは伊藤若冲、岩佐又兵衛、曽我蕭白ら、それまで正統から外れた異端とされた画家たちを取り上げた辻惟雄『奇想の系譜』(1970)によるということだ。今回の展覧会では辻惟雄の弟子にあたる山下裕二氏(明治学院大教授)が監修をつとめている。単に顧問的な立場にあったのではなく、おそらくは企画段階から大きく関わって来たのではないだろうか。展覧会の企画をすすめていく段階で埋もれていた作品の新たな発見もあったという。
 伊藤若冲が再評価されるきっかけとなったのは辻惟雄の『奇想の系譜』からだということは確かなのだろう。だが、いまや若冲はビックネームである。へそが曲がっているのか、たぶん若冲だけだったら観に行くことはなかっただろう。(それでも「象と鯨図屏風」を直に見られたのは出かけていった甲斐ありというところだった。)
 最初からのお目当てであり、見終わった後にもこれ一枚と思ったのは曽我蕭白「雪中童子図」である。画題は釈迦の前生譚、雪山で修行していた前世の釈迦が無常偈の半偈の教えを聞くために身を捨てたという逸話からきている。
 指摘されているように童子の腰布の赤と羅刹の青い肌との対比が見どころなのだろうが、私はそれよりも童子の肌の白さとその表情に強く心に刻印されるものを感じた。悟りをひらいた喜び、ということになるのだろうが、惹かれるというよりは一度見たら容易には忘れがたくなるような不気味さを感じてしまうのである。不気味さという点では「群仙図屏風」に描かれた仙人たちにも通じるものがある。
 子どものころ、どこでだったか、鯉の滝登りを描いた掛け軸を見て、巨大な鯉の鱗や大きくまん丸な目に何ともいえない気味悪さを感じたことを思い出す。もしかすると美意識という点で現代とは異なった何かがあるのかも知れないと思ったり、西洋でもグロテスクは美意識の一傾向であることに連想を広げたりした。
 岩佐又兵衛のコーナーには「執念のドラマ」というサブタイトルが付けられていた。織田信長によって一族を惨殺された荒木村重の子として生まれた又兵衛にはそれだけで相応しいタイトルであるように思えてくる。「山中常磐物語絵巻」はまさにそうした一巻であるのだろう。前期と後期で入れ替えがあったらしいが、前期の方も見てみたかった。
 歌川国芳は近年になって再評価がすすんだというのとは違うと思うが、「相馬の古内裏」「宮本武蔵の鯨退治」「鬼若丸の鯉退治」「一ツ家」などを見ていると確かに奇想の系譜につらなると思った。扁額である「一ツ家」以外は小品といっていいような(浮世絵だから当然だが)作品だが筆致の細やかさ、確かさは圧巻だった。展示されていたもう一枚の扁額「火消千組の図」でも同じことがいえて、描き分けられた火消衆らの表情や姿態はいつまでも見ていたいと思わせるものがあった。
 白隠では「乞食大燈図」に惹かれるものがあった。自画像としての要素があるのではないかと勝手に推測した。だとすれば仏説を伝えるための方便を越えた近代精神の萌芽のようなものがあったのではないか。江戸というとつい伝統や家元が支配的な時代という先入観があるが、もしかすると現代以上に自由精神が発揮され、息づいた時代ではなかったかと思いを新たにした。
c0252688_14013879.jpg
 いくつか見たい展覧会が始まっているのだが、せっかく上野に出かけるなら桜が咲いてからと心待ちにしていた。東京の桜の開花宣言は3月21日。早咲きの桜以外はまだまだ二分咲き、三分咲きというところだ。今年は遠出の予定は立てずじまいでいる。せめて東京の桜の満開を逃さないようにしないと。

by yassall | 2019-03-23 15:51 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

生活に書を!作品展in川越

c0252688_17491159.jpg
 横山延子さんは志木高時代の同僚で書道の先生である。昨年4月、同じく志木高校で美術を担当していた木藤恭子さんから「それぞれの紙Ⅱ」展の案内をいただいた。会場の小江戸蔵里ギャラリーに横山さんもいらしていて、2年ほど早く退職し、請われて書道教室を開いていたり、個展を開いたりしているとの近況をうかがった。ずっと年賀状のやりとりはしていたのだが、そのときの縁で作品展の通知をいただいたのだ。
 学生時代、中学校の国語の免許を取るために書道演習に出たくらいで、滅多に筆など手にしたこともない。元来、左利きであるので書道とは縁遠い人生を送って来たのである。ただそれだけに、多少のたしなみがあれば少しは文人らしい雰囲気を醸しだせたのではないか、という憧れのようなものはあったし、墨の匂いとは心地よいものだなあと感じ入ることもあったのである。
 展覧会は30人ほどのお弟子さんたちによるもので、今回で4回目となるのだそうである。昔、書道をやったことがあるのでもう一度始めてみたい、定年を迎えたらぜひ挑戦してみたいと思い続けてきた、など動機はそれぞれらしい。臨書あり、創作あり、書体もさまざまで、たぶん横山さんのポリシーもあるのだろうが、まずは書道を楽しんでいる様子が展覧会全体にうかがえたし、墨痕淋漓というのか、私のようなものにも日ごろの鍛錬や生来の才がそれと知れるような力作も多かった。
 さて、写真はピンク色の掛け軸から左にみて額装された3点が横山さんの賛助出品。筆が生きていて流石としかいいようもないが、さらにその左のねずみ色の軸と額装の2点は志木高で数学の非常勤講師をなさっていたEさんの作品である。書道歴は長いらしく、こちらも気品ただようというのか、それでいて勢いというのか、力強さにあふれた御作だった。
c0252688_17490020.jpg
 会場となった川越市西文化会館は私の川工時代に竣工した。さっそく亀井文夫の映画会を開催したりなど、けっこう活用させてもらったはずなのだが、当時は車でしか行ったことがなかった。霞ヶ関駅から歩いたのも初めてだったし、20数年の間に周囲の道路の整備なども進んだらしく、記憶とぴたりと合致したという感覚を得られなかった。ホールでは川越市民文化祭青少年演劇祭が催されている様子だった。少々交通の便は悪いが市民に使い勝手よく利用されているなら何よりである。このあと、川越駅にもどり、夜からは川工時代の同僚たちと年一度の集まりである。今年は16人が集まった。


by yassall | 2019-02-25 01:44 | 日誌 | Trackback | Comments(0)

藤子不二雄A展・カタストロフ美術のちから展

c0252688_17554616.jpg
 20日は車の定期点検。ディーラーは三田線の蓮根にある。待ち時間の間を利用してどこかへ出かけようと考えていた。この時期になってしまうと紅葉はどこも終わりだから美術館めぐりが適当なところである。かといってフェルメールもムンクも見たいと思わない。そこで藤子不二雄Aとなってしまうのが不思議なところだが、なぜかこの方が今の私のどこかを活性化させてくれるような気がしたのだ。
 三田線だと六本木へは日比谷で乗り換えなくてはならない。座席に座れたので本を読んでいたらうっかり乗り過ごしてしまい、また引き返してくるなどというヘマをしながら出かけていった。
 懐かしい、というようなことでもない。『少年サンデー』を読んでいたのは小学生のころだからせいぜい「オバQ」までだろう。今回初めて知ったのだが、本名我孫子素雄と藤本弘が藤子不二雄として合作していたのはその「オバQ]までで、藤本弘が子ども向け漫画に純化していったのに対し、我孫子素雄の方はブラックユーモアを始め、さまざまなジャンルを開拓していった。コンビを解散したのが1987年。藤本弘が亡くなったのが1996年。我孫子素雄はトキワ荘世代の生き残りとして、今も現役の漫画家として描き続けている。その創作力の秘密に触れられたかどうかは別として、会場に入るや喪黒福造の人形がスツールに腰掛ける「BAR鷹の巣」のセットが設えてあったりしてけっこう楽しめた。
c0252688_17555626.jpg
 さて、「藤子不二雄A展」は52階展望台の壁面を利用しての展覧会であったが、53階の森美術館では15周年記念展として「カタストロフと美術のちから展」が開催されていた。共通券でもあったのでこちらも回ってみた。これがなかなかの見っけものであった。
 リーフレットには「東日本大震災などの自然災害、戦争やテロ、難民問題や個人的な悲劇まで、絶えず私たちを襲うカタストロフ(大惨事)。その時、美術はどのようにこれらと対峙し、どのような役割を果たすことができるのしょうか」と趣旨のことばが述べられており、会場に入ると若き日に出会ったJ.P.サルトルの「飢えた子どもたちの前で文学は有効か」ということばが引用されたあいさつ文が掲示されている。まず、その企画力でもって森美術館を見直す思いがした。
c0252688_02401859.jpg
 多くは若い現代作家によるもので、実験的な作品が多数を占めていた。平川恒太(1987年生)「ブラックタイマー」は108個の電波時計に黒の顔料で福島第一原発の作業員の顔を描き込んだ作品である。(福島には東日本エリアをカバーする標準電波の送信局があるのである。)
 最初は壁一面に真っ黒な円盤が並べられているようにしか見えないのだが、近づくとコチコトと時を刻む音が聞こえ、黒い顔料の中に透かし彫りのように作業服姿の顔が浮かび上がってくる。
c0252688_17561112.jpg
 アイ・ウエイウエイ(1957年北京生ベルリン在住)「オデッセイ」は難民問題をテーマにした作品。古代ギリシャの陶器の絵付けを思わせる精緻な描写でボートに乗りこんだ難民やこれを追う兵士たちが描かれている。
c0252688_17562146.jpg
 オノ・ヨーコ「色を加えるペインティング《難民船》」。参加型インスタレーションという説明があり、来場者によって色やメッセージが書き加えられていく。係の人が小部屋の前に控えていて、靴カバーとクレヨンを渡してくれた。



by yassall | 2018-12-27 02:35 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

寺山修司展

c0252688_18205538.jpg
 15日、神奈川近代文学館で開催中の寺山修司展へ出かけてきた。そろそろ開催期日も迫っているのは知っていた。天気の良い日があったら少し遠出をしたいと思っていたので、候補地としてマークしておいたのだ。
c0252688_18154956.jpg
 元町・中華街駅のひとつ前の日本大通り駅で降りたのも目的の大きな部分を散歩が占めているからだ。写真も街角スナップ程度のつもりでいたから機材はTX1一台である。
c0252688_18153582.jpg
 山下公園から港の見える丘公園までが本日のコースであるから赤レンガパーク方向は遠望するにとどめる。
c0252688_18155911.jpg
 インド水塔の天井のタイル模様。1939年、在日インド人協会から寄贈された塔というには小ぶりのこの建造物は、関東大震災で命を落とした同胞らを慰霊するものでもあるという。
c0252688_18161060.jpg
 横浜マリンタワー。
c0252688_18161988.jpg
 氷川丸も健在である。いつだったか、戦時中は海軍に徴用され病院船として使用、戦後は帰国者の引き上げ任務に従事したという歴史を紹介したテレビ番組があった。戦中・戦後史の証人として残っていって欲しい。
c0252688_18164124.jpg
 花壇の花々もよく手入れされていた。観光客も多かった。
c0252688_18165070.jpg
 花壇がああるのが中央付近、南端の階段は滝の落ちる意匠が凝らされていて、なかなか造形的である。人通りはあまりない。
c0252688_18170190.jpg
 階段を上って右折すると歩道橋が港の見える丘公園まで続いている。
c0252688_18171571.jpg
 港の見える丘公園に到着する。フランス山に登る正面の階段はせいぜい100段というところなのだが、けっこう息が切れて難渋した。以前に来たのは12、3年前だっただろうか、F5とA200の2台態勢で何でもなかったと記憶しているのだが。
c0252688_18173189.jpg
 神奈川近代文学館は霧笛橋を渡った公園の一番奥まったところに位置している。大佛太郎記念館は入口の猫の彫刻を写真に撮ったのを覚えている。近代文学館はさらにその裏手になる。
c0252688_18175506.jpg
 寺山修司についてまた新たなことを知れる、というようなことは期待していなかったが、展示はなかなかセンスがよいと思った。撮影フリーのコーナーがあって、この一枚は一度写真(たぶん自画像)を破り、後に糸で縫い合わせるというコラージュ。寺山が高校時代に創刊したという俳句誌『牧羊神』や劇団「天井桟敷」時代のポスターの実物が見られたのはよかった。
c0252688_18174613.jpg
 近代文学館の建物およびその周辺も寺山修司展モードに装われていた。
c0252688_18180488.jpg
  最後に今回気が付いたことをもう一つ。特に「天井桟敷」時代の展示を見ていて、寺山修司の周りには実に多彩な才能が集結していたのだな、と思った。その幅の広さたるや、横尾忠則から辻村ジュサブロー、コシノジュンコまでをカバーしてしまう。寺山に人を引きつけて止まない吸引力もあったのだろうし、寺山もそうした多くの才能と創作をともにすることを好んだのではないだろうか?



by yassall | 2018-11-16 19:39 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

「縄文 一万年の美の鼓動」展

c0252688_13333241.jpg
 21日は縄文展を見に上野の国立博物館まで出かけてきた。戻り梅雨ならぬ戻り猛暑の中、自宅で甲子園野球の決勝戦を観戦するという手もあったのだが、うかうかしていると9月2日までの開催期間が終わってしまうと炎天下の街へ出た。
 国宝6点が一挙に公開されたことで評判となった。平日であったからか、入場制限がされるほどではなかったが、たいへんな人出だった。ただ、国宝として指定された6点については、その6点だけで1フロアーを割り当てるという、かなり余裕のあるレイアウトになっていたため、ストレスなく鑑賞することが出来た。
 縄文1万年は前期・中期・後期によって作風が変化していく。いわゆる火焔型土器あるいは王冠型土器は中期になって作られるようになったらしい。確かに独創的な造形である。ただ、縄文土器の命名の由来となった縄目文様は使われなくなっている。年代を追って出土品を鑑賞していくと、前期の縄目文様の素朴な味わいも美しいと思った。
 国宝6点の中では「縄文の女神」の抽象的ともいえそうなデザイン性、「縄文のビーナス」の髪型なのか冠り物なのか、個性的な頭部から下半身にかけてのボリューム感に独創性を感じた。歴史の蓄積の中で、あるとき、ある場所で、突出した才能が出現したことを思わせた。国宝の指定はないが、遮光器土偶でも何点かすぐれたものが展示されていて、この目で見られたことに感謝した。
 日本の古代史についての研究はすすんでいて、各集落・各地域はけっして孤立していたのではなく、交流ときには交易がなされていたということだ。ある地域でしか産出しない黒曜石が各地で出土するといったことから分かるらしい。今回の展覧会では、国宝とされた土器が長野、山形、青森、北海道といった東日本に集中していること(発掘の機会がどこでどの程度あったかによるから一概に東西を比較できないが)、ある地域で生まれた様式が他の地域に影響を与え、伝播していく痕跡がみられることなどが興味深かった。
   ※
 帰宅すると、奇しくも『東京新聞』夕刊のエッセイ「大波小波」で同展がとりあげられていた。「ビーナス」という命名の背景に西洋中心主義があるという批判は(もっともではあるが)それほど過敏になることもないのでは、と思う(現在の考古学会では批判的だそうだ)。だが、確か「美の競演」というタイトルがつけられたコーナーだったと思うが、縄文土器を中央に配置し、同時代の中国・インダス・エジプトの土器を壁沿いに並べた展示について述べている部分については、私も同じような感想を持った。
 装飾的な火焔型土器に比較して、展示された世界各地域の土器は形状に飾り気はなく、彩色が施されていたとしてもすでに色あせてしまっているのか、華やかさはない。しかし、「大波小波」子はこれをもって「日本は先史時代から『クール・ジャパン』であったといいたい」のだとしたら、それは「国家が出自の純粋さと優越性を誇示」しようとする意図とつながるという点で危ういというのである。
 火焔型土器については実用目的だったのか、あるいは何らかの宗教的な用途があったのかにつていは諸説があるという。神器とまではいわないとしても、現代においてもまったくの日用品である場合と、冠婚葬祭などの儀礼用に作られる食器には区別がある。このようなコーナーを作る場合には、何と何を比較しようとしているのか、その基準を明確にしなければならない。また、メソポタミアの出土品の解説にあったのだが、すでにロクロの使用が認められるのだという。ロクロを用いることで均質で大量の焼き物の製作が可能となったことだろう。そして、その多くは実用品であっただろう。文明的にどちらが優れているかなどという比較は成り立たない。また、世界各地域では日本より早くから金属器の製作も始まっている。装身具などの製作は土器から離れ、金属器に移っていったということも考えられる。
 だからといって、私は縄文土器あるいは縄文文化が価値的に低かったなどということを言おうとしているのではない。むしろ、1万年の長きにわたって外圧から守られ、豊かな自然にも恵まれつつ、営々と独自の文化を育んできた先人たちに思いをはせるとき、人間の営みの理想を見たくもあるのだ。
 

by yassall | 2018-08-22 16:26 | 日誌 | Trackback | Comments(2)