タグ:太陽光発電 ( 5 ) タグの人気記事

太陽光発電導入記・その5 そして「ベースロード電源市場」に反対する!

 1
 前回の投稿は昨年の8月13日だった。工事は7月6日に終わっているのに「系統連系」のための手続きの遅れで1ヶ月たっても稼働していない、という報告だった。もともと10年というスパンで考えなければ決断できないことだったし、太陽光発電が急速に普及しているための混雑であるならむしろ喜ばしいことであるが、再生可能エネルギーに消極的であることから滞っているのだとしたら不届き千万なことであった。
 というわけで、燦々と降りそそぐ太陽光を眺めてはやきもきしているうちに、「関東電気保安協会」の調査員が派遣されてきたのは8月29日のことであった。東電から直接調査に来ると聞いていたので少々面食らったが、「関東電気保安協会」という(一応)独立した組織があって、東電から委託されて保安業務にあたるということになっているらしい。このあたりは事前の説明が不十分だったし、東電に何度か問い合わせたときにもそのような説明はなかった。
 それはともかく、「調査」はものの15分ほどで終わってしまい、「今日から使えますよ」というので、早速スイッチを入れた。折から台風10号が接近。関東はそれほど激しい風雨に見舞われることはなかったのだが、9月に入ると例年になく雨続きの毎日が続いた。稼働が始まってすぐにでも報告しようと思っていたのに、一定の期間をおいてから、と思い直したのにはそんな理由があったのである。
 そうこうしているうちに年も改まり、この2月で半年目を迎えた。以下の数値は昨年9月から今年2月までの[発電量・売電量・売電率・予想発電量/実発電量]である。

   [発電量kWh]  [売電量kWh]  [売電率%] [実発電量/予想発電量%]
9月   234.82   138.70    59.06   123.59
10月  251.85   171.11    67.93   133.96
11月  226.49   147.50    65.12   128.69
12月  284.32   187.00    65.77   146.56
1月   335.34    223.90    66.77   149.04
2月   344.73   237.00    68.75   158.86


 縦横の揃ったきれいな表を作れず、少々読み取りづらいのは申し訳ない。冬至の頃を境に、発電量が低下していったり、急速に上昇していったりする様子がわかる。また、昨年9月の長雨の影響の顕著さも知れる。
 予想発電量というのは地域ごとの平均日照時間から割り出した、メーカーから提示されたシミュレーションである。9月から2月までを通した[実発電量/予想発電量]は140.97%であった。もともとメーカーでは80%くらいに落としてシミュレートしているとの説明があった。機器の経年劣化等も考慮しなければならないが、このまま順調に発電してくれれば10年間で初期投資の50%以上を回収できる計算になる。
 2
 さて、半年を経過して改めて感じたこと・考えたことを述べれば、太陽光発電は確かに天候に大きく影響されるということだ。昼夜についてはもちろんだが、晴れの日と雨雲に覆われた日と差も大きく、年間を通して安定した電源を得ることは困難である。地域差もまた大きいだろう。冬の間、屋根を雪で覆われてしまう北国では採算面からも導入は現実的でない。ただ偏西風の関係からだったか、日本列島全体をみると、風力発電は南日本より北日本に適しているのだという。要はどのようなミックスを考えていくかということと、地産地消ということばがある通り、その地域の特色をどう生かしていくかということではないかと思う。人口急減期の中で、地方再生という課題を実現していくためにも、将来を見通したプランニングが求められていると考えたのである。
 もう一つ考えたことは、太陽光発電に限らず、再生可能エネルギーの普及全体にいえることだが、個人個人のとりくみでは限界があるということだ。たとえば、マンション住まいの人は自宅の屋根にソーラーパネルを載せることは出来ない。では、太陽光発電は一軒家に住む人だけのものかといえば、そうではないと思うのだ。いつか反射光被害の問題を紹介したが、マンションの屋上はその問題をクリアする上で最適の場所だ。単に高層建築であれば近隣の住宅に反射光が差し込まないという理由だけではない。平屋根では反射光被害は起こりにくいのである(南向きのパネルの反射光は空にのみ向かう)。共有部分もあるにせよ、半分を太陽光発電エリアとするというようなコンセンサスが出来ないのだろうか? ルール化までは難しいとしても、国や自治体が補助金を出すとか、あるいは電力会社が借地料を出すとかしていけば、普及は早まるのではないかと思うのである。そして、広域にわたればわたるほど、天候の影響も最小限にとどめることが可能になるはずだ。
 3
 経済産業省は6日、有識者会合「制度検討作業部会」を開き、「ベースロード電源市場」を2019年度をめどに開設するための議論をはじめた、との報道があった。
 何のことかというと、大手電力会社と新電力会社との間の取り引きを企てようということであるらしい。
 昨年末、福島第一原発事故の処理費用が21兆5千億円との見通しが経産省から出された。その費用を原発による電力を販売しない新電力の契約者も含めて国民負担を増やす方針が決定された。
 今回の「ベースロード電源市場」というのは、その見返りとして「安く」安定した「ベースロード電源」からの電力を、これまでより安価で新電力会社に卸売りしようというものである。
 新電力会社の中には安定的で必要十分な発電量を担保した発電所を持っていなかったり(再生可能エネルギーのみによる電力会社のほとんどはそうだろう)、極端なときには自前の発電所を持っていない会社もある。そこで、「バックアップ契約」(新電力で何らかのトラブルが起き、電力不足が起きた時に、東電などの大手電力が必要な電力を融通してくれる、という仕組み)を結ぶことになる。「ベースロード電源市場」はこの新電力の弱みにつけこんで開設されようとしているのである。
 「原発を嫌って新電力を選んだのに、原発を使った電力を使わされることになるから反対」という批判の声があがる所以である。
 新電力の利用者が増えれば地域電力は原発を稼働させる口実がなくなる、と考えてわが家も新電力に切り換えた。少なくとも電力が不足するから「原発再稼働」という理由は成り立たなくなると考えたのだ。
 だが、損害賠償費用や廃炉費用を上乗せしなければならないという一点で、原発=安価な電力という神話は崩壊しているはずだ。政府も電力会社も、まずそのことを認めなければならない。そこのところをごまかして、原発による電力はごめんだ、と思っている人々にまで無理矢理使わせようとすることに心の底からの怒りをおぼえる。
  ※
 ちなみに、現在わが家が契約している東京ガスは従来からも「風力発電の会」に出資しているが、この2月23日、太陽光発電ベンチャーの自然電力と資本業務提携を結び、特定目的会社を設立して全国7カ所程度で出力計6万kwの太陽光発電所を造ると発表した。
 太陽光発電の買い取り価格は年々下がっている(!)実情にあるが、自然電力の磯野社長は「世界的に再生エネのコストはまだ下がるので、もっと拡大できる」と語ったという。
  ※
 一方、昨日の新聞に、フランスの原子力大手アレバの昨年の純損益が6億6500万ユーロ(約800億円)の赤字になったこと、そのアレバに三菱重工業と日本原燃が計約600億円を出資するという記事が掲載された。原子力大国のフランスであるが、福島原発事故以降、安全対策費が経営を圧迫し、アレバは6年連続の赤字(累積赤字105億ユーロ)だという。三菱重工業と日本原燃はアメリカのWHの巨大赤字に巻き込まれた東芝の二の舞にならないのか? 
 さらに、昨日の「報道ステーション」では東海村で高濃度放射性廃棄物の処理がにっちもさっちもいかなくなっているという特集があった。もはや、純粋に「もうけ主義」に徹したとしても原発は採算に合わなくなっているばかりか、将来に重い負債を残すばかりであるということをどうして理解できないのだろうか?

c0252688_16510906.jpg
 パワーコンディショナ(写真は設置時)は太陽光パネルで発電した電気を家庭で使用できるように変換する装置。最初、太陽光パネル(モジュール)のメーカー保証が15年であるのに対し、パワーコンディショナは10年という説明であったのだが、送られてきた保証書にはパワーコンディショナも15年保証の対象になっていた。耐久性に関する技術の向上があったのだろう。なお、保証は自然災害の場合にも適用されることになっている。


 この記事を書き終えたあと、こんなニュースもみつけました。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030806629/?rt=nocnt


[PR]
by yassall | 2017-03-08 17:00 | 日誌 | Comments(0)

太陽光発電導入記・その4   あゝ系統連系

 工事日は7月6日。朝の9:00頃に始まって13:00過ぎには完了した。前日に足場を組み、翌日には撤収した。工事終了後、業者さんにお願いして写真を撮ってもらった。

c0252688_15190210.jpg

 東向き屋根のパネル。奥に見えるのが北側のマンションである。その左手前に頭を出しているのが西側隣家。

c0252688_23454018.jpg

 南向き屋根のパネル。奥に見えるのが最初のプランで反射光被害が出そうだと指摘のあった東側の隣家である。
 工事はていねいだったと言ってよいのではないだろうか? もちろん実際の工事にあたったのは下請け業者であるが、東京ガスとしても業者選定に当たっては看板を汚さないだけの過程は踏んだようである。その分、費用的には割高になっているのだろうと思われるが、こちらとしても10年後には無くなってしまっているかも知れない事業所では困るのである。
  ※
 さて、工事からかれこれ1ヶ月が過ぎた。やはり雨漏りが心配だったが、梅雨をやり過ごした後も今のところその形跡は無い。というわけで、この始末記も一巻の終わりとなるはずなのだが、最後のハードルが残っていた。それは「系統連携」という奴なのである。
 「余剰電力買取制度」によって電力会社は余剰電力を買い取らなければならない。その額は通常の電気料金よりは高めに設定されている(最近、東電は電気料金の値上げをしたらしいが)が、その分「再エネ発電賦課金等」を電気料金に上乗せしているのだから電力会社は損をしない仕組みになっている。しかし、実際に売電を行うためには経産省の認定を受けた後、東電に「系統連系」の申請をしなければならないのである。
 当初から、たいへん混み合っているので3~4週間待ちになります、という説明は受けていた。だが、8月8日現在、その4週間が過ぎてもまったく音沙汰がない。
 モニターを見ていると正常に発電している様子がうかがえる(緑色のランプの点滅でそれと知れるのだ)のだが、売電どころか自宅で消費することも出来ない状態が続いている。どうにも納得しがたく、まず東京ガスに問い合わせてみると、7月14日には経産省の認定が下りており、現在東電の受付待ち(?)の状態だという。
 東京ガスと東電との関係からこれ以上の働きかけは無理そうなので、自分で東電に掛け合ってみることにした。そんなに簡単には扉は開かないだろうとは承知の上だが、黙っていてはいけないと思ったのだ。本当に申請が殺到していて手続きが遅れているというならそれでけっこう。それだけ再生エネルギーが普及しているということなのだから。だが、原発再稼働への流れが強まる中で再生エネルギーへの移行に消極的になっているとか、自分のところの電気が売れなくなることにブレーキをかけようとしてのことだとしたら許しがたい。その思いだけでも伝えたいと思うのだ。
 東電に電話をかけたのが8月9日。対応は慇懃丁寧だったが、関係部署に問い合わせてお返事は明日に、ということになった。翌日、近隣の支店から電話。改めてこちらの用件を伝えると、どうも要領を得ない。支店段階での話ではないのだから、悪くとれば、まずは末端に苦情処理をさせようという責任逃れの手口ともみえる。お返事は後日、休み明けになってしまうかも知れませんということでこの日の電話は終わった。そういえばお盆休み直前なのである。

 というわけで、この始末記はまだ途中経過なのである。また、新たな進展があったら報告したい。実際の発電・売電状況などもチェックして行きたいし、何か問題が発生したときにはお知恵を拝借することがあるかも知れない。


[PR]
by yassall | 2016-08-13 17:01 | 日誌 | Comments(2)

太陽光発電導入記・その3 あゝ反射光被害

 その1で屋根の全面に太陽光パネルを乗せることは出来なかった、と書いた。その理由はわが家は隣家の両側ともが3階建て、さらに道路を隔てた北側に7階建てのマンションが建っている事による。日照の問題ではなく、反射光の問題なのである。
 5月末に返事をし、さっそく工事担当者が下調べに来訪したのが6月2日だった。屋根に上って採寸やら屋根の材質や構造をチェックしつつ、東側のパネルの一部が季節と時間帯によって隣家の窓に反射するかも知れないとの指摘があった。そこでプランの見直しとなった。(ここで、第1案を元にしてきた私のコスト計算はバラバラになった。)
 それまで反射光被害については考えもしなかったのだが、ネットで調べてみるとけっこうな数の事例があり、訴訟になったり、中には撤去をやむなくされた例もあった。そこで、次のような西側の一部にもモジュールを乗せるプランが提示されたときも、「近隣(北側)への反射光被害が懸念されます。」とあったのを見逃さず、さらに精緻なシミュレーションをするよう依頼した。

c0252688_15201185.jpg

 すると西向き屋根のパネルから、2月の13:00からの30分間と10・11月の12:30からの30分間程度、北側のマンションに反射光被害が出る可能性があることが分かった。一定の距離があることはあるが、被害をどう感じるかは人による。しかも、マンションということは、被害を訴えるのが一軒とは限らない。顔見知りの隣家同士であれば、それなりの見舞金や、遮光カーテンの使用をお願いして済むかも知れないが、示談の予想もつかない。
 そこで、最終的につぎのプランに落ち着いた。工事日も決まり、製品の発注までのギリギリの日程の中であった。

c0252688_15204481.jpg

 システム容量3,224kw、年間予想発電量2760kwh/年。パネル数は16枚(コーナーモジュールは0.5枚に換算)。費用は自治体からの補助金を差し引いて182万円である。第1案と比較すると、かえってコストパフォーマンスとしては劣ってしまうが、初期費用は大幅に減額になる。将来的なリスクを考えるとそれはそれでアドバンテージが高い。売電といっても、価格的にはメリットは10年が限度であり、つまりは家庭用(10kw未満)の場合は「余剰電力買取制度」の枠内なのである。
 真夏の季節、1日の電力消費のピークは午後2時ごろであるという。その時間帯に気兼ねなく電気を使うことが出来る、日照のあるうちは自前の電力で賄うことが出来る、シミュレーションでは予想される消費量の倍程度の発電がみこまれるから余剰分は売電できる、枚数的に将来的にモジュールの性能が若干低下することがあっても十分カバーすることができる。というような考えでゴーサインを出すことにてなった。

《補足1》
 ネットを検索してみると反射光を抑制するフイルムが開発されているそうだ。東京ガスの担当者にそのことを伝えると、メーカーからは性能の保障が出来ないからという回答であったそうだ。ならば、メーカーで開発すればいいのに、と思った。否、フィルム云々より、パソコンのモニターでもノングレアの画面があるのだから、太陽光発電の普及のためにはモジュールそのものの改良が必要だと思った。
《補足2》
 シミュレーションにあった程度の反射光であった場合、受忍限度の範囲内という判例もあるとのことである。ただ、それも二審で覆った例であり、無用のトラブルを避けられるものなら避けようとしたのである。


[PR]
by yassall | 2016-08-13 11:23 | 日誌 | Comments(0)

太陽光発電導入記・その2

 今年から電力自由化がはじまった。その意義は認めるものの、最初は少々ためらいがあった。
 もし東電が原発を再稼働させることになったら即座に他の会社に変更する心づもりではいた。電力自由化の最大の意義はそこだと思った。だが、東電は今のところ原発を再稼働していない(あるいは出来ないでいる)。福島原発の事故処理に当たっている東電から皆が皆、離れていっていってよいものか、などと余計な心配をしてしまう。
 もっと実利的な問題もある。昨年、突如としてわが家が停電になった。ブレーカーは落ちていない。何事が起こったのかと外に出てみると、近所では停電している様子がない。そればかりか家内でも停電している部屋としていない部屋、電気が通じている器具としていない器具がある。ともかくもと思って東電のサービスマンに来てもらった。途中の細部ははぶくが、原因は3本ある引き込み線の内1本の電柱側のヒューズ切れが原因だった。午前1時ごろになってしまったが、専用車両も手配され、ともかくもその晩の内に原因究明から修理まで完了した。その即応体制には感嘆するものがあったのである。
  ※
 4月になる前のころから東京ガスが熱心にパンフを置いていったり、説明に来たりしていた。東京ガスはエネットという電力会社をグループ企業にかかえている。ガスによる火力発電が主力だが一部風力発電も導入しているという説明だった。
 4月に入り、改めてセールスに来たとき、私は上記のような考えも明らかにし、かなり突っ込んだ質問もした。そこで知ったことは、東京ガスが窓口にはなるが、送電はあくまで東京電力が行うので事故対応などのサービスには変わりがないということだった。そういえば電力自由化と発送電分離とはセットになっていたのだった。東京ガスから電気を買うようになっても、東京ガスは送電のための経費を東京電力に支払うことになるのである。
 そうなれば様々な心配はいっきに払拭される。東電の経営は保持される。東電以外の電力会社から電気を買う人が増えれば、東電が電力不足を口実に原発を再稼働させようという理屈が成り立たなくなる。私は東京ガスへの変更を決めた。
   ※
 そのとき、太陽光発電の導入についても話が持ち上がったのだ。5月初めに2つのプランが提示された。以下はその内のひとつである。(なぜ東京ガスで、ということについてここで述べておきたい。東京ガスではリフォーム部を置いていて、太陽光発電にも力を入れているとのことである。)

c0252688_00520850.jpg

 システム容量5.99kw、年間予想発電量5525kwh/年である。モジュール数は30枚だがコーナーモジュール等を使用しているからで、西側には乗せないというプランである。費用は自治体からの補助金を差し引いて266万円という金額が提示された。
 図面は省くが、もう1つのプランというのは南向きの屋根だけに乗せるプランで、システム容量1.904kw、年間予想発電量1866kwh/年。このプランだと補助金が低額になるが、これを差し引いて費用は132万円とあった。
 共通する考え方として、何が何でも屋根全面を活用しようというのではなく、初期投資・消費電気量・太陽光発電量および売電量とのバランスをとっていこうということだった。
 まず金額にこころが動いた、というのもさもしい話だが、現実問題だからしかたがない。やってみよう、という方向に急激にこころが向かい始めた。初期投資は高額になるが、前者の方がコストパフォーマンスがよく、太陽光が発電しているうちは太陽光発電でまかなうという本来の趣旨から、前者で検討をすすめていった。
  ※
 最初に考えたことはリスクとコストについてだった。(いざ、やってみようという段になって、初めて真剣に考えるようになった。)

 ①工事によって家屋への損傷はないのか? 雨漏りの心配はないのか?
 ②自然災害も含め、15年間という長期保障があるのはいいが、その間に会社そのものが倒産してしまうことはないのか? 倒産までは至らなくても、不採算部門として切り離されてしまうことはないのか?
 ③すでに30年作動中という実績があるとはいうが、いわば電気料金の前払い分を取り戻すだけの年月の間、私自身がこの家に住み続けられるのだろうか? (引っ越し願望もなくはないし、高齢になって身体が不自由になったり、障害が起こったりしたときには、適当な施設があったら入所するしかないだろうと考えている。)

 ざっと思いついた所をあげただけでも、とたんに気分は消極的な方向に傾いた。だが、そうしてリスクを突き詰めていくと、どこかで折り返し点に差しかかった。
 わが家の屋根はスレート仕様である。スレートは釘で野地板に止めているはずである。ならば防水対策を施したというビス留めを信用してもいいのではないか?
 もし企業が倒産したり、不採算部門として切り離されることがあったとしても、アフターサービス部門は合併があれば新会社に、そうでなければ別会社として残されるはずである。それも出来ないほどの事態が起こるときは日本全体の経済が危機的状況にあるときであろう。
 日頃、脱原発をとなえ、再生エネルギーの普及をなどと主張している自分がここで消極的になってどうする。人生も終わりに差しかかっているというなら、その最後に地球にいいことを一つくらいしてからあの世に行ったらどうだ。
 初期投資があるとはいえ、わずかずつでも売電もでき、まったく原価償却していくばかりではない。回収できない分は海外旅行にでも出かけたと思ってあきらめればいいではないか。とまあ、まるで自分に言い含めるようにしてかも知れないが、マイナス要素を潰していったのである。


[PR]
by yassall | 2016-08-12 12:35 | 日誌 | Comments(0)

太陽光発電導入記・その1

 太陽光発電の導入を考えたのはこれで3回目である。1回目は16年前に自宅を改築したときである。何社かにプランを出してもらい、候補を絞っていった。阪神・淡路大震災の記憶も生々しいころだったので鉄骨構造も検討対象にしたが、中でもセキスイハイムが太陽光発電に積極的だった。工法の関係から陸屋根が一般的で、その欠点を逆に利点としてしまおうというアイデアのようだった。コスト(やはり大手メーカーは高額になる)とデザイン面から採用にはならなかったが、今も太陽光発電に積極的な姿勢であることには好感を持ち続けている。
 2度目は一昨年に屋根・外壁の塗装工事をしたときである。現役時代に組合の指定業者が催した住宅相談会で、10年に一度くらい屋根の塗り直しをしておくと家は長持ちしますよ、とアドバイスをもらっていた。10年目はちょうど定年退職した年だったので、業者に来てもらったところ、まだまだ大丈夫ですね、様子を見ましょうという対応だった。そこで時期を見計らっていたが、消費税が増額になろうという直前、ここが頃合いと思って工事を依頼した。
 最初は屋根だけというつもりが、せっかく足場を組むことだし、外壁もという工事内容になった。この、せっかく足場を組むことだし、というのに反応して、太陽光発電についても見積をお願いしたのである。以下はその時に示されたプランである。

c0252688_15195326.jpg

 総数30枚の太陽光パネル(モジュール)を搭載し、システム容量7.25kw、年間予想発電量6614kwh/年とあった。シミュレーションによると20年で投資回収が可能であるという。
 (ただし、10年後までの売電価格(電力会社による買い取り価格)が38円/kwhで、11年目以降の売電価格を24円/kwhと見込んでの計算である。今年の売電価格は31円/kwhまで下がっており、11年目以降についてはもともと確定していなかったところ、どうやら卸売り価格の11円/kwhに落ち着きそうだというのが最近の風説なのである。初期投資と発電量のバランスによるが、20年の投資回収はかなり難しい現状である。)
 20年で回収が可能としても、その頃には私は80代半ば。そして、その初期費用がどうであったかというと、正価で638万円、値引率35%で414万円というのが見積に示された額であった。屋根・外壁の塗装工事については予定していた出費であったが、400万円超の臨時出費については思い止まるしかなかった。
 太陽光発電についてはこれで最後と思っていたので、東京ガスが太陽光パネルの性能も上がっているし、値段も安くなっています、プランだけでも出させて下さいと言ってきたとき、もう何度も検討済みという話もし、まあ見るだけね、と言っておいた。
 それがどうして変わってしまったかという話は次回にとして、ここで少し先ほどの図面について説明を加えておきたい。
 わが家の北側の屋根は切り妻になっている。太陽光パネルは北向きの屋根には乗せないということなのだが、わが家には北向きの屋根はない。南側は寄せ棟になっている。そこで、わずかだが南向きの屋根がある。屋根のほぼ全面にパネルが乗るプランになっているのはそのためである。しかし、これは後の話になるのだが、これだけの枚数のパネルを乗せるのには無理があったのである。


[PR]
by yassall | 2016-08-12 03:02 | 日誌 | Comments(0)