<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年秋の高校演劇① 西部A地区発表会

 9月22・23日、西部A地区秋季発表会が朝霞コミュニティセンターで開催された。今年になって、全出演校の芝居を見るという観劇スタイルにこだわらず、「通りすがりに一寸気になって」でもいいかな、と少しラフにかまえることにした。
 そんなわけで1日目は午後の朝霞高校と和光国際高校から見はじめ、2日目は朝から新座高校、新座総合技術高校、新座柳瀬高校の3校を見た。そうすると1日目の午前中の細田学園高校と朝霞西高校の芝居がどうだったのか、かえって気になってしまった。まあ、「ラフにかまえたい」とか「通りすがり」の視点とかいうのも、新しい距離感を持ってという程度の意味だから、あまり頑なになる必要もないのだろう。

 朝霞高校『蜉蝣の記』結城翼・作
 このところ朝霞は一定程度の部員数を確保できたという年と、少人数(それも1人か2人)に落ち込んでしまう年を繰り返している。音響や照明、衣装やメイクなど、各学年毎に担当者がいてノウハウを代々引き継いでいく、といった伝統が途絶えてしまうのはけっこう厳しい。やはり蓄積されたものの厚みというものがあるのだ。
 もちろん、生徒まかせにしておくと、誤りや不合理がそのまま伝統になってしまうことがあり、ただ効率が悪いだけでなく、危険をともなってしまうこともある。小さいことだが、照明担当の部員がナットの取り外しにペンチを使っていて、ナットを傷だらけにしているので、近隣のドイトでサイズに合うボックスレンチを探してやったことがある。後になって、照明担当の道具入れを開けてみたら、ちゃんと同サイズの古いレンチが入っていた。いつかの時点でナットの開け閉めにはレンチを使う、というノウハウが伝達されなかったのだろう。
 つまり、部員と顧問がうまくかみ合って、はじめて部活は円滑に回っていくということだと思う。顧問の側では、現在の部員たちの意欲や力量、ノウハウの蓄積をみきわめ、どの程度の緊急性で手を出したり、口を出したりしたらよいかに気を配っておかなくてはならない。
 さて、今年は2年生が2人きり。1年生1人を加えた3人芝居である。顧問のFさんから脚本選択の悩みについては聞いていたし、BOXの制作にあたってはサイズについての相談を受けていた。だが、私の方から口だしすることはなかったし、文化祭公演にもいかなかった。地区発表会がまったくの初見である。
 科白はしっかり出せていたのではないだろうか? ケンイチは声を作りすぎていたという印象を受けたが、フロアーで一言二言ことばを交わしてみると、どうも普段通りのしゃべり方らしい。natsuさんは「この役ではこれでいい」という評価だったが、飛行機を完成させようと決意するところ、飛び立った飛行機を目で追うところ、墜落してしまったとき、墜落現場を探しても葉月の影も形もみつからなかったとき、といった要所要所でもう少し心の動きが表現できてもよかったのではないかと思った(まあ、やり過ぎてあざとくなってしまって、自己満足で終わってもかえって重傷だが)。
 子にとって母は生まれたときから母である。だが、ふとした折に、母にも娘時代があり、若やいだ夢や輝きがあったことを思う。葉月は立ち姿がよく、もしかすると文学好きであったり、断崖から飛び降りるような向こう見ずなところがあったかも知れない、しかし子には知ることができない、若き母の幻といった雰囲気を出せていた。ただ、吉野弘の詩の朗読を始めるときの咳払いはいらなかったと思うし、これも要所要所での自分の見せ方を(わざとらしくなく)つかんでいったらもっと良かったのに、と思わないではなかった。カヲルは1年生とは思えない出来栄えだった。ただ、こちらも一本調子になりがちだったかも知れない。

 和光国際高校『ギフト』萩原康節・作
 親による虐待を題材にした作品。親に虐待され、あるいはネグレクトされた子が生育を歪められ、心身を傷つけられ、人生さえも奪われていく。家庭が子どもを守る場所ではなくなってしまえば子どもに居場所はなくなってしまう。
 近年、これほど心を痛める事件はない。演劇にとっても避けてはならない世界だろうし、いつか誰かによって書かれなくてはならない世界だっただろう。だが、扱いが適切だった、成功したとはいえないと思った。
 力が入っていたことは十分伝わってくる。螺旋状の階段を付した山台が上下に置かれ、対になっているなどの舞台美術も美しく、丁寧に作り込まれていたし、書き込みすぎとも思われる脚本も作者の熱い気持ちの表れととらえられなくもない。役者たちは皆、発声が確かで、練習量が並々でなかったことはすぐにそうと知れる。
 だが、なのである。劇は幼少期のマサムネとユキコが宮沢賢治『銀河鉄道の夜』のジョバンニとカンパネルラの科白を語るところからはじまる。ユキコにとってマサムネは唯一無二の存在であり、その死に重大な負い目と喪失感をいだいている。ユイコに二重の心の傷を設定したことでさらに劇を重層的にしたとはいえるだろう。問題は広中のサポートや庄野によるカウンセリングは複雑に絡み合ったユイコの心を解きほぐし、新しい命の鼓動を吹き込むだけの説得力があったといえるか、どうかである。
 ユイコがギフテッドとして超高度な知的能力の持ち主である、というような設定は、虐待死してしまった子らに無限の可能性があったかも知れない、ということであれば理解できなくはない。シリアルキラー云々については偏見に結び付かなければよいがという心配もさりながら、ユイコの示す暴力性とは異質なのではないかと思った。あれもある、これもある、とばかりに、次々に多様な知識が繰り出されるのであるが、設定が極端すぎるとリアリティが失われてしまう。
 それはともかく、きわめて複雑な心性の持ち主であるユイコが、同じヤクルトファンであることから庄野に心を許すようになった、などというところにまず嘘っぽさを読み取ってしまう。変化はユイコの側にも、庄野の側にも必要だったはずで、庄野の「人生にはすばらしい出会いが待っている」などということばも、自身の過去を讃えているだけだったら、そのことばがユキコの心を動かしたとは信じられない。
 結局、ユキコの夢に現れる子ども時代のマサムネとユキコが変化していくことでユキコが自身の底なし沼から脱していくのだが、その変化がどうして起こったのか、どうしても合点のいかないものが残るのである。
 科白量は膨大で、疾風のように1時間を駆け抜けたという気がする。心の変化が読み取れなかったというのは、そのせいであったのかも知れない。中には心に留めておきたいような、素敵な科白もあったような気がするのだが、噛みしめる間もなく通り過ぎてしまった。

 新座高校『お兄ちゃんとオネエさん』上田美和・作
 これもトランスジェンダーという今日的な題材を扱った作品。野球選手として嘱望されながら肩を壊し、進学した大学を続けられなくなった兄。学校に適応できず不登校となっている高校生の妹。妹にとっても、また両親にとっても、兄は希望の星であったが、その兄が水商売の女性を「友人」だと連れだって帰省する。しかし、あろうことかその「友人」は性同一障害者で実はオネエだった、ということからドラマは始まる。
 つまり、トランスジェンダーをかかえながら、自分のありのままに生きることを決意し、タイの孤児院を支援するなど、社会参加にも積極的であろうとするマリーからすれば、兄や妹のささいな挫折などは取るに足りないことだった、というのが結論だろうか。
 両親役の2人は3年生だけあってしっかり作り込まれていた。他はすべて1年生という配役だった。それにしてはけっこう熱演していたので先が楽しみだと思ったが、マリーはマリーの葛藤をかかえていたはず。その葛藤を表現したり、共感したりはまだ無理だったかも知れない。まあ、仕方のないことだが。

 新座総合技術高校『EMMA』NSG演劇部・作
 このところ新座総合の芝居は年によって大きな変化を見せている。かつてはファンタジー物が多かった気がするが、今回は刑事ドラマである。それをいったら昨年もそうだったではないか、ということだが、昨年は刑事物をビジュアルに描いてみせたというのに対し、今年はある意味で本格的、犯罪心理の深層に分け入っていくようなドラマであったように思う。ただ、そのところを科白で語り尽くそうとするから、ややもすると読み取れなくなってしまう。表現の意欲はあったのだろうが、観客にはどれだけ届いたことが。
 (一度アップしてから新座総合については書き足りないことがあるような気がしてきた。生徒創作こそ高校演劇のあるべき姿!という人がいる。だとすれば、新座総合こそ高校演劇の正道ということになる。数年前、新座総合が曾我部マコトを演ったとき、とても評価が高かったし、私も上出来だと思った。あのとき、『海がはじまる』をやりたいと言い出し、他の部員たちを説得したのは1人の生徒だったという。どこかでこの脚本のことを知り、高校生である自分を表現できると思ったのだろう。これから新座総合は変わるかも知れない、と考えたが、その後は生徒創作にもどっていった。しかし、創作か既成台本かの区別なく、高校生が自らの感性や日々の思いを表現したい、自分たちがドラマだと思ったことを舞台にしてみたい、というなら否定してはならないのだろう。演劇としては未熟で、コンクールを勝ち抜くというような結果が得られないとしても、このような部活の芝居と接することができるのも地区発表会ならではなのである。それに、何かのときに、いつ大化けするとも限らないのだから。)

 新座柳瀬高校『Ernest!』オスカー・ワイルド原作 稲葉智己・翻案
 新座柳瀬は3年前にもこの演目にとりくんでいる。そのときは春季地区発表会で前編を、コピスで開かれた高校演劇フェスタで後編(本編)をというように、2時間ドラマで仕立て上げている。今回は1時間に圧縮しようということだから、もちろんダイジェスト版にしようなどという愚を犯すことなく、全く別の作品として作り直している。であるので、全体にスピーディな運びになっているが、窮屈にしてしまうことなく、取り違え、すれ違い、繰り返しといった技も、ここぞというときは十分な間を持って、贅沢に投入されている。
 役者陣も達者だった。全国大会メンバーが卒業した後のことについては前にも書いたが、そこでも触れたとおり、セシリーを演じた今年の1年生もすでにして堂々たるものだった。
 さて、この作品については次の上演の機会の有無が不確定なので、これ以上は踏み込まないことにする。ただ、関心のある人は『コピスみよし第14回高校演劇フェステバル 勝手に名場面集!』(2015.6)を読んでみて欲しい。
    ※              ※           ※
 さて、さてがもうひとつ。今年こそは卒業の予定でしたが、またまた地区の審査員をつとめることになってしまいました。事務局長Mさんから電話があったとき、「今年は9月の土曜日は3日ふさがっているから無理だと思うよ」と(半分以上、これで今年は逃れられるとほくそ笑みながら)応対したのですが、何とたった1日空いていた15日はじまりの東部南地区を担当して欲しいという依頼だったのです。しかも、担当のもう1カ所は大宮地区で、開催期間は10月5・6日だというではありませんか! 
 まるで狙い澄ましたかのごとく、あまりに見事に隙間に当てはまったこと、東部南地区の会場は鷹野文化センターという会館で、公演を打つにあたっては申し分ないのですが、何といっても橋ひとつ東に越えたら千葉、南に越えたら東京という地の利の悪さ、ところが我が家からは環七を使うと1時間足らずで通えてしまう、つまりは他の人よりは私の方が交通に関しては適任で(らしく)ある、というようなことが脳裏をめぐり、ついウンといってしまったのです。
 東部南地区は3回目になります。大宮地区は2年連続。またあいつが来たのか、と思う人がいないわけではないと思います。引き受けたからには、過去にとらわれず、フレッシュな観点で、宝探しをするような気持ちで務めたいと思っています。
 東部南地区は先週終わりましたが、大宮地区が再来週になります。このブログへの報告は少し待って下さい。県中央発表会のパンフの原稿は私が書くことになっています。全部で21校分になりますが、字数制限のあるパンフよりは多少とも詳しく、各校毎の観劇記をアップする予定でいます。実は10月も少し立て込んでいて後半になってしまうかも知れませんが。


by yassall | 2018-09-25 19:29 | 高校演劇 | Comments(2)

美貴ヲの劇『セックス ドラッグ 花嫁修業』


c0252688_15240895.jpg
 8日、みかわやこと葉山美侑から出演情報があり、新宿・眼科画廊まで出かけてきた。
 かなりセンセーショナルな題名だが、事前の案内メールによれば「タイトルのインパクトが強いですが、前回の公演ほど際どい演出はありません」とのことであった。前回というのは5月の『陳弁ピクトグラム』のことを指しているのだろう。であるなら何の心配もいらない。
 実際、「これはセックスというよりジェンダーの世界だな」というのが、見終わってからの感想である。チラシには「少し歪んだメガネ越しに眺めた、なんとなく生きづらい人たちのおとぎ話」というようなリードがあり、劇団の紹介には「女系家族で女子校育ちの美貴ヲがセルフプロデュースする演劇ユニット」とある。(netで検索してみると、2014年より始動とあった。)
 そうなると男性であることから1mmも外れない身としては、うかつに「共感した」とか「理解できた」とかは口に出来ない。先年亡くなった雨宮まみの『女子をこじらせて』あたりを手がかりに、おそるおそる解剖していくしかない。
 構成は小話を重ねていくオムニバスになっていて、毎日が同じように繰り返される日常の中で次第に自己をすり減らしていくOLや、「30歳までに結婚しないと動物にさせられてしまう」ため、収容所の中で期限付きの婚活を強いられる女性たちが、あるいは狂気にさらされ、あるいは脱走を企て、自己を突き放してみたり、抱え込んでは悶え苦しんだりする。各小話は必ずしも関連づけられているわけではないが、どこまでが遠い(それゆえに歪んでしまった)記憶であるのか、妄想(入口も出口も閉ざされてしまった)であるのかも分明しがたい姉妹をめぐるエピソードなどには、それこそ底なしのところがあって慄然とさせられたし、6話の中では一番オリジナリティを感じた。
 件の「生産性」発言もさっそく取り入れられているが、表面的な社会批評に終わらず、深いところで傷つきつつ、笑い飛ばしてしまうしたたかさを感じたりもした。
 自己言及性というのか、再帰性というのか、作り出した物語をあとに続く物語が飲み込んでいってしまう作りになっていて、アンダーグランドの本領発揮というところだ。それでも、どこかに系統が存在するはずだと思うのだが、一度見たきりでは入口すら見つからない。
 というわけで、あまり勘の良い観客ではなかったが、今度、脚本を見せてもらう機会があったらと思った。笑って終わって、でもいいのかも知れないが、隠された表現の切実さは伝わったような気がするのである。
 さて、みかわやは新たなステージを模索中なのだなと思った。これからどこへ向かっていくのだろうと、会って話でもしたいものだと思った。
 と、そのみかわやと同学年だったナベナベと会場で一緒になった。昨年、第一子を出産。子育ての真っ最中だが、今日は子どもは旦那に任せ、これからエビラーメンを食べて帰るつもりだという。エビラーメンという名前につられて、というのはもちろん冗談で、久しぶりに話でもしようとついていくことにした。この日に見た劇に影響されたのか、せっかくの育児の小休止に私が割り込んでよかったのか、後から少し反省した。


by yassall | 2018-09-10 17:54 | 日誌 | Comments(0)