<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ポール・デルヴォー展

c0252688_17315351.jpg

 ポール・デルヴォー展へ行って来た。デルヴォーの絵は2001年の「ベルギーの巨匠5人展」以来だ。今回の企画は習作時代といってもよい初期のころからの作品を系統的に追ったもの。そこで気がついたことがある。
 たとえばデルヴォーとマグリットを比較してみる。するとマグリットの方が造形的に整合的であり、描線が明快で、デルヴォーの方は人体そのもののバランス、あるいは室内であれば部屋の大きさとのバランスに狂いがある。もちろんそれは絵の優劣とは別問題で、マグリットの方はだまし絵的な《偽》リアリティ(迫真性)があるのに対し、デルヴォーの方はそのバランスの狂いゆえに、夢の世界にでも紛れ込んでしまったような幻想性に勝っている。
 つまり、印象派でいうならゴッホに感じるような、歪(いびつ)さと美との融合がデルヴォーの魅力なのだと考えてきたが、初期の作品をみてその認識が一変した。
 デルヴォーは絵画に先立って建築を学んだということだが、初期の作品群をみると、それらが確かなデッサン力に支えられており、ときには建築製図のような緻密さによっていることが知れるのである。かといって、計算された冷たさはなく、ロマンチックな詩情が伝わってくる。
 デルヴォーについて書き始めたので日ごろ考えていることをもうひとつ。古代ギリシャの哲学者パルメニデスによると、「あるものはある」と「ないものはない」を厳密に峻別するならば、「ある」ものは「ない」ものではないのだから、「無から有が生まれる」はずはなく、さらには「ある」ものが変化したり、分割されたりすることもないことになる。
 「あるものはある」「ないものはない」という(単純ゆえに動かしがたい)同一律から西洋的思惟が始まったとすれば、その形而上学的な存在論を突き崩すのは確かに容易なことではない。
 デルヴォーはキリコからも多大な影響を受けたということであるが、共通点があるとすれば、煙を吐いている蒸気機関車が描かれても、手をさしのべようとしている人物が描かれても、少しも動き出そうとはせず、未来永劫そのままに、永遠に静止しているかのようであることだろう。
 東洋的な「無常」や「生々流転」とはまったくの別世界が表現されているのである。
   ※
「シュールレアリスムの詩は私を引きよせ、その理論は私を遠ざける。」(デルヴォー)
 …絵画を構成的に描こうとすればシュールレアリスムのいう自動記述はもともと不可能なのだ。無意識世界の存在を認めたとしても、それを観察し、表現しようとする意識の働きなしには芸術はあり得ない。

 会場は埼玉県立近代美術館(北浦和公園内)。期間は3月24日まで。
c0252688_18265715.jpg

 埼玉県立近代美術館には澁澤龍彦展以来。けっして大きな美術館ではないが、ときどき面白い企画がある。地方美術館もけっこうがんばっている。郷土色といってしまえばそれまでだが、澁澤龍彦展などは斬新だった。今回は常設展でモネの「つみ藁」や日和埼尊夫の木口木版を見たりもした。下は屋外展示場の重村三雄「階段」。
c0252688_18354025.jpg

by yassall | 2013-02-26 18:40 | 日誌 | Comments(0)

宝登山の蝋梅を撮る

 2月になったら宝登山のロウバイ園に行こうと決めていたのに、初旬からいきなりの腰痛! しかも、こんなに長引くのも初めてという事態におちいり、遠出を控えざるをえなかった。
 しかし、2日続きの晴天に、このチャンスは逃せないと意を決して出発。なに、歩ければ歩いた方がかえって調子がよい。
 長瀞駅を下り、宝登山へ向かう道一直線。平日なのにすでに観光を終えたらしき何組かの集団とすれ違う。どうしても午後になると雲が出てくるから、やはり午前中が勝負だったかと、やや気持ちが焦り気味。
 つい足早になり、宝登山神社に到着。そこからロープウェイ乗り場までの急坂が、時間にして5分とはいえ、少しつらい。
 時刻表を見ると30分ごとの運転なのだが、観光シーズンに入ったからか、随時便を出してくれるのがありがたい。頂上駅に到着、案内板で土地勘をつくって、いざ撮影開始!
c0252688_133647100.jpg

c0252688_13374555.jpg

 宝登山頂上からの眺め
c0252688_13392729.jpg

c0252688_13405816.jpg
 頂上に近い方の西ロウバイ園はほぼ満開
c0252688_12215697.jpg

c0252688_13434980.jpg
 山頂駅に下っていった東ロウバイ園はまだこれから。梅百花園でも、どの梅もつぼみが固く、見頃は3月中旬と見ました。
c0252688_13475999.jpg
 福寿草も咲いていました。
c0252688_13484574.jpg
 以前は2月末といったらもう梅のシーズンは逃してしまったものだった。それが、昨年といい、時季が遅れ気味になっている。冬の終わりをつげる梅の開花が足踏みしている。

 G5、S8200
by yassall | 2013-02-22 14:00 | 風景 | Comments(1)

石川啄木「飛行機」

 「実生活者としては怠け者で自堕落で、うそばかりついたり借金ばかりしたり、家庭では専制者で女たらしの面もあり」(安斉均)と、近年は生活破綻者としての一面が強調されがちな石川啄木であるが、国民詩人啄木の地位もいまだ不動なのではないだろうか。
 石原裕次郎歌うところの「錆びたナイフ」は、次の短歌を下敷きにしていることは誰の目にも明らかだろうし、

  いたく錆びしピストル出でぬ
  砂山の
  砂を指もて掘りてありしに

 近いところでは石川さゆりの「津軽海峡冬景色」も次のような啄木歌が作詞者の底流にあったのではないだろうか。

  やはらかに柳あをめる
  北上の岸辺目に見ゆ
  泣けとごとくに

 通俗的な例ばかりを拾い上げているようであるが、これらの流行歌を人々がつい口ずさんだり、カラオケで歌ったりするところに、啄木の歌が近代日本人の感受性の一部分を形成してきたように思われてならないのである。
 
 さて、啄木は短歌ばかりでなく詩も書いたが、その中から一篇をとしたらどれを選ぶべきだろうか。「時代閉塞の現状」を鋭く指摘し、

  赤紙の表紙手擦れし
  国禁の
  書を行李の底に探す日

 と詠んだ啄木に焦点を当てれば、それは当然「はてしなき議論の後」ということになるのだろうが、ここはあえて「飛行機」をあげてみたい。西洋文明へのあこがれかとも解釈されるが、

  不来方のお城のあとの草に臥て
  空に吸はれし
  十五のこころ

 ともどこか通じるものを感じる。ともかくも地上からの離脱への憧憬があるのは確かだろう。


  「飛行機」

  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。

  給仕つどめの少年が
  たまに非番の日曜日、
  肺病やみの母親とたつた二人の家にゐて、
  ひとりせつせとリイダアの独学をする目の疲れ……

  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。

  (いしかわたくぼく,1886-1912)
by yassall | 2013-02-20 16:03 | 詩・詩人 | Comments(0)

鳥居邦朗『昭和文学史試論』

 鳥居邦朗先生の本が出た。
   鳥居邦朗『昭和文学史試論』ゆまに書房(2013)

 鳥居先生は武蔵の恩師。御本を出されるのは10年ぶりくらいだろうか(不肖の弟子である私が他を見落としていただけかも知れないが)。
 これまで様々に論じられた諸論文が、第1部は総論、第2部は大正から昭和へ、第3部は戦前から戦後へ、第4部はご専門の太宰について、という4部構成にまとめられている。
 第1部の「〈私研究〉は不要か」の、論理の客観性に裏打ちされた〈私研究〉という提起から、作品論という方法が生まれる。(これは学生には見せなかった一面で、思わずズルイ!という一言が出る)。
 佐藤春夫を探究なさっていたり、安岡章太郎を熱心に論じられていたのは知っていたが、戦前から戦後にかけて縦横無尽に昭和文学が語られている。
 「戦後文学における「第三の新人」の位置」では、第三の新人=戦後の相対的安定期における日常性の文学という通説に、いち早く疑問を投げかけている。戦後文学とは何か、という問題意識の鋭さであると思う。
 小説の表現史、散文におけるフレームの問題が提起され、客観=主観の不動性のゆらぎ、自意識の解体など、重要な手がかりがいくつも提示されながら、必ずしも存分に展開しきれていないように感じられるのは、研究者としての自己抑制からだろうか。

c0252688_169770.jpg

 
by yassall | 2013-02-17 16:23 | | Comments(0)

島崎隆『思想のシビルミニマム』☆ノート

 書棚を整理していたら奥の方から見つかった。「あれ?こんな本持ってたっけかな?」と目次を見てみると、なかなか興味深そうなテーマが扱われている。では、と机に向かって読み始めてビックリ! いたる所に赤線が引いてあって、けっこう精読した跡がある。(「積ん読じゃなかったんだ…。」)赤線は最後の方まで引かれていて、途中で投げ出した形跡もない。なのに中身はさっぱり思い出せないのである(ああ!)。
 現役時代の自分の読書を振り返ると、そのときどきの必要や関心にまかせて読むには読んだが、読み放しだったという反省がある。しかし、ここまでとは!
 いったい私のようなものに読書する価値があるのだろうか、と自己嫌悪に近いものを感じながら、いや、忘れてしまったようでもきっと私の中に血肉化しているものがあるはずだ、とも思い返し、今度はノートをとりながら再読してみる。
 ※
(この書の問題意識)
 出版されたのは1991年4月22日であるが、時代的な背景に1989年11月9日のベルリンの壁の崩壊に象徴される東欧革命があることは明らかである。
 それは第1章で、加藤哲郎の「(東欧改革は)フォーラムによる平和的市民革命」であった、を引用しながら、「社会主義の改革と対話の問題」を課題として掲げているところからも知ることができる。
 私がこの書を読んだのが何年であるのかは記録がないのだが、(したがって私自身がその時どのような問題意識をもって読んでいたかは不明なのであるが)、その1991年の12月25日にはソ連が崩壊してしまった。この書が「社会主義の改革」を提起しようとしていたとしたら、その大部分は戦後世界を揺るがした激動の中で立ち消えになってしまっている。
 だが、と考える。多くの人は世界がこのままで良いとは考えてはいまい。今もまだ革命あるいは改革が必要とされているのではないか?
 ※
(市民社会・民主主義・対話)
 「市民社会・民主主義・対話」がキーワードである。それらが検証される。政治的市民社会(A)の物質的基礎は経済的市民社会(B)である。Aにおいての「個人の自由」はBにおける「営業の自由」であり、「平等」は「等価交換」であるというふうに。
 さらに大衆社会の到来によって民主主義もまた常に衆愚政治・暴民政治の危機をはらんでいることが指摘される。
 市民社会は社会構成体としては存在せず、近代社会の一側面として実在するとされ、階級、格差、環境などの問題が解決されていないことが指摘される。
 筆者が展望しようとしているのは「自発にもとづく共同性」「諸個人の自由な交通」(マルクス『ドイツ・イデオロギー』)概念を導入することによって大衆的市民社会(C)を構築することである。
 そのため「自由・公正・連帯」を理念とする対話共同体(ローレンツェン)を構築することは可能であるのか?
 ※
 古代ギリシャから始まって、デカルト、ロック、ルソー、ヘーゲル、マルクスにいたる民主主義の思想史が振り返られる。
 現存社会主義(当時)が、ロックからは個人中心の民主主義が欠如していること、全体意志に対して一般意志を対置しようとしたルソーからは全体民主主義の未完成と堕落を指摘されるだろうと述べる。
 ※
 「討論を沈黙させることはすべて無謬性を仮定することである」(J.S.ミル『自由論』)ということで対話の重要性が強調される。
 だがジレンマがある。真理反映説か真理合意説か? 相対主義や不可知論に陥る危険性はないのか? 〈知〉の遊戯化や〈差異〉の一面的な強調という思想状況……。
 方法論的相対主義といったことも提起されるが、このあたりはなかなか難しい問題をはらんでいる。もちろん克服されるべき課題として。
 ※
「極端な無政府主義はつねに極端な専制主義を誘致し、また極端な専制主義は極端な無政府主義を誘致する」(ヘーゲル『小論理学』)
 ここでの無政府主義とは社会運動としてのアナーキズムというより、国民が政治に無関心であることであろう。国民の政治的無関心は独裁を許し、独裁政治が始まると個人の意見は無視され、無いのと同じになってしまう……。
 しかし、真に国民一人一人が自己の利得を一時的にでも棚上げして「一般意志」を自覚し、これに従うことが可能だろうか?
 ※
 「①偏見を離れた思考様式、②拡張された思考様式、③整合的な思考様式……。」(カント『判断力批判』)
  ①自分の頭で考えること、②他人の立場に身をおいて考えること、でも③自分の考え方をしっかり持つこと……。自己思考の大切さはいくら強調しても強調されすぎることはない。(してみると、偏見とは風評をうのみにして自分の頭で考えないことか…。確かだ…。)
 ※
 「自由・平等」にどうして「友愛」が加わるのか? 「自由・平等」だけでは個人がバラバラなままであるから。「友愛」が必要とされたのはフランス革命が共和国の建設をめざしたからだ、とある。
 ※
(コミュニケーション論)
 この書はコミュニケーション論としての一面がある。
 ※
 コミュニケーションには、〈伝達〉的意味合いのコミュニケーションと〈交わり〉的意味合いのコミュニケーションがある(尾関周二)。
 ※
レトリックとは言語を中心媒体とした表現・共感・説得の科学である(島崎隆)。
 ※
 国語科にもコミュニケーション論が必要だと考える。社会学との接点ということだろうか? 私自身、これらに自己確立、連帯・協同、批判・闘争、社会参加のための言語を加えて、似たようなことを考えたことがあった。
 筆者はさらに全人格的対話・交流としての「われとなんじの対話」(マルテン・ブーバー)までを射程に収めようとする。いずれにしてもコミュニケーションとは単なる伝達ではないのである。
 ※
 それにしても民主主義の思想史を振り返りながら、それが〈知〉の巨人たちによって形成されていったのだと考えさせられる。
 A.スミス(英)は精神的な交流としての「同感」、ヘーゲル(独)は「相互承認」が重要だ、といったとのことだ。フランス革命の標語「友愛」(仏)と並べてみると、何か共通している。資本制社会という競争社会の到来を前にして、同様の危機意識と課題を感じていたということではないだろうか。
 道徳(心がけ)のみでは問題は解決されなかったのはその後の歴史が明らかにしたことではあるが、道徳(倫理)を嘲笑しては未来は閉ざされてしまうだろう。
 ※
 いわゆる日本的コミュニケーションの問題も取り上げられていて日本文化論の学徒としては興味深いのあるが、それらは十分に展開されているとはいえない。

  島崎隆『思想のシビルミニマム』大月書店(1991)
by yassall | 2013-02-10 01:38 | | Comments(0)

知念榮喜『みやらび』

  月の可愛(かい)しゃ十日三日
  美童(みやらべ)かいしゃ十七つ ホーイ チョーガ

 知念榮喜については沖縄県生まれ、明治大学(中退)で萩原朔太郎に出会い、詩作を始めた、49歳の年に詩集『みやらび』でH氏賞を獲得した、という以上には詳しくないのである。ただ、H氏賞を受賞した1970年に私は大学に入学し、さっそく入部した文芸部の先輩が持っていた詩集をみせてもらったことを今に記憶している。
 最初に心惹かれたのはその装丁だった。“みやらび”とは“美童”と書き、若い女性やピュアな心を持った子どものことをいうのだそうだ。装丁に使われた絵は知念榮喜の息子が描いたものだと聞いたような気がするが、今となっては確かめようがない。(※奥付を確かめると、装丁知念太郎、とある。)
 詩集は500部限定で印刷された。私が入手したのはずいぶん後になってからだったと思うが、34番のナンバリングがある。渋谷の中村書店で見つけた。
 原崎孝は「生命の始原や自然の古代への思慕と現代の惨酷」とのせめぎあい、「純粋なるもの正義なるものへの志向」と評している(『日本近代文学大事典』講談社)。
 知念榮喜が東京新聞に寄稿したエッセイの切り抜きを一枚だけ保存していた。その一部を詩集『みやらび』の巻頭詩とともに書き写してみる。

         「優しいたましひは埋葬できない」

  
                             みやらびよ 相思樹のいし
     だたみに未来をきざむな  濱木綿の七つの香りをはこび  夜明
     けの泉にはぢらひの緑の髪をかざすな  星のかがやかない盲ひ
     たははには死線がみえる  みやらびよ  終りの月を炎の歌でつ
     つみ  木麻黄の楯にきよらかないけにへの裸型を示すな  棘の
     指がまさぐる夢の塔はとどろく海のなみだにひらされる  みや
     らびよ  漂ふ羊の空にひとりめざめ  乾いた骨の岩棚をさすら
     ひ  奪はれたかぎろひの日々を喚びもどすな  阿檀の森の雨に
     濡れ  海鳥の岬によろばふおどろのははは  優しいたましひを
     埋葬できない  みやらびよ


  私はいつまでも島の夢を織りつづけるだろう。砂漠の都会をさまよう者にとって、悪魔祓いに似ている。私が生まれたところは、今も淋しく美しいところである。島の北の果てであり、戦禍をまぬかれているからだ。
 私は木蔭の長老たちのように、そこで終生を果たすことができないであろう。島の根を求め、夏の夢を織りつづけるのである。
 私は忘れることがない。夜の海には夜光虫が瞬いていた。今、私の上には、島から送られてきた、とりどりの貝が散らばっている。貝は耳にあてると海鳴りの音がする。
 八月十五日は島の祈りの日である。私は月明かりに貝を耳にあてるのだ。海の音を聴くのである。
                                     (「海の音を聴く 沖縄の八月十五日」1977.8.12)

c0252688_15481552.jpg

(ちねんえいき,1920-2005)
by yassall | 2013-02-03 15:51 | 詩・詩人 | Comments(0)