人気ブログランキング |

2013年 05月 22日 ( 1 )

勝又進『赤い雪』

c0252688_14111799.jpg

 昨日は佐々木マキのことを書いたが、『ガロ』が輩出した異能といえば勝又進も落とせない一人だ。4コマ漫画を連載していた記憶があるが、短編作品も手がけるようになり、作品集『赤い雪』(2005)で日本漫画家協会賞大賞を受賞、英語・仏語にも翻訳されたとのことである。
 人物については知ることもなかったが、東京教育大学大学院で原子核物理を専攻したとのこと。秀才だったのだ。高文研『原発はなぜこわいか』(1980)の挿絵を描いていたのは気がついていたが、その裏付けはきちんとしていたという訳だったのだ。
 『赤い雪』からは、4コマ漫画時代とは違った、不思議な情感が伝わってくる。私が入手した普及版と同時期発行の『深海魚』(2011)には原発労働者を描いた作品も収録されている。
 2007年12月3日、悪性黒色腫で亡くなったとのことである。

(かつまた・すすむ、1943ー2007)
by yassall | 2013-05-22 14:35 | | Trackback | Comments(0)