人気ブログランキング |

2013年 05月 02日 ( 1 )

魔性の女挿絵展とラファエロ展

 弥生美術館で開催中の「魔性の女挿絵展」と国立西洋美術館で開催中の「ラファエロ」展をはしごして来ました。
魔性の女挿絵展とラファエロ展_c0252688_195892.jpg

 「魔性の女挿絵展」のポスターは橘小夢という画家の作品(写真がうまく撮れていなくてごめんなさい)。題名は「玉藻の前・美福門院藤原得子」とありました。他に蕗谷虹児・高畠華宵・山六郎などが印象に残りました。(う~む。妖艶……。)
魔性の女挿絵展とラファエロ展_c0252688_19593599.jpg

  弥生美術館へは初めて。地下鉄丸ノ内線・本郷三丁目から歩きました。近くにはこんな石碑も。
魔性の女挿絵展とラファエロ展_c0252688_2002047.jpg

 上野までは徒歩で。弥生美術館前の坂の名前は暗闇坂。下りたところが不忍池です。
魔性の女挿絵展とラファエロ展_c0252688_2024575.jpg

 ラファエロは「自画像」につきるという印象です。でも、こうして生きて見られるとは。

「魔性の女挿絵展」 ~6/30
「ラファエロ」展    ~6/2
by yassall | 2013-05-02 20:14 | 日誌 | Trackback | Comments(2)