人気ブログランキング |

2013年 04月 28日 ( 1 )

日々雑感 ☆池田・ロバートソン会談

 池田・ロバートソン会談の話を思い出した。共同声明は1953年10月30日のことであるから、「主権回復の日」のもとになったサンフランシスコ講和条約の翌年である。
 ワシントンの国務省において、後に首相となった池田勇人とウォルター・ロバートソン国務次官補の間で行われた。
 その共同声明にはこうある。
 「会談当事者は日本国民の防衛に対する責任感を増大させるような日本の空気を助長することが最も重要であることに同意した。日本政府は教育および広報によって日本に愛国心と自衛のための自発的精神が成長するような空気を助長することに第一の責任をもつものである。」
 今日の「愛国心教育」の出発点である。憲法改正論者は戦争放棄を唱った現平和憲法はアメリカ占領時代に押しつけられたものだという。だが、「国防」精神の「成長」もアメリカの要請によるものだった。そもそも自衛隊の発足もGHQの命令によるものだ。
 憲法記念日も近い。改憲か、護憲かの議論は急を告げて来そうだ。われわれの日常から遠い世界の話ではない。
《もう一言》
 「歴史問題」は専門家にゆだねるとの国会答弁があった。だが、「主権回復の日」は歴史の政治的解釈ではないのだろうか?
by yassall | 2013-04-28 09:54 | 雑感 | Trackback | Comments(0)