人気ブログランキング |
<< sdQで横浜散歩 劇団銅鑼「ENDOLESS 挑... >>

高畑勲展

c0252688_15300805.jpg
 昨年4月に亡くなってから高畑勲に対する再評価が高まっている。7月2日に始まったこの企画展は10月6日までの長丁場である。それだけ思い入れも深いものがあるのだろう。27日、このところまた閉じこもりがちになっていると反省し、国立近代美術館まで出かけて来た。
 展示には工夫が凝らされ、飽きさせなかった。「アルプスの少女ハイジ」のコーナーでは精巧なジオラマが設置されていて、おそらくは子ども向けなのだと思うが、大人が見ても十分に見応えのある出来栄えだった。
 宮崎駿とのコンビで作られた長編アニメは名作揃いだと思う。今回の企画展を通しての感想としては、この二人以外にも実に多くの才能が結集していたのだなあということがある。美術監督をつとめた一人に山本二三がおり、現在並行して富士美術館で展覧会が開かれているとのことだが、その背景画を見ていると描かれた世界に引き込まれていくような錯覚さえ覚える。それらの才能を引き寄せ、見いだし、さらなる高みへと引き上げていったのが高畑勲という人間であったということらしい。
 NHK朝ドラで放映中の『なつぞら』に登場する坂場一久は高畑勲がモデルであるとのことだ。ネットではドラマの進行とともに高畑勲の足跡を振り返る記事もアップされている。新しい表現を追求して止まなかったパイオニアであったのだろうし、戦後の日本アニメーションの歴史である以上に、戦後日本の青春がそこにあったと思ったのだった。
c0252688_17365113.jpg
 本文で話題にした「アルプスの少女ハイジ」のジオラマ。TVアニメは見ていないがどのような世界観の下に制作されたか想像が広がるようだった。

by yassall | 2019-08-30 16:14 | 日誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/30426941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< sdQで横浜散歩 劇団銅鑼「ENDOLESS 挑... >>