人気ブログランキング |
<< ル・コルビュジエ展 桜2019④馬見塚公園・光前寺 >>

桜2019⑤高遠城趾公園

c0252688_13325956.jpg
 高遠城趾公園到着は13:00少し過ぎ。いちおうお約束の桜雲橋を撮っておく。城趾公園といっても城跡らしい痕跡は縦横に掘られた空堀を残すのみである。
c0252688_13331399.jpg
 桜雲橋を渡り、問屋門をくぐった先が本丸跡である。公園全体では北側になり、満開にはまだまだ日数がかかりそうな咲き具合であった。
c0252688_13333132.jpg
 南側に出るとかなり開花がすすんでいるとのことだったので向かってみる。一度、南口を出たあたり。観光客も大勢集まっている。
c0252688_13335555.jpg
 これくらい咲いていてくれれば来た甲斐があったというものである。
c0252688_13340559.jpg
 さらに高遠湖の方まで足を運ぶといっそう花盛りとなる。
c0252688_13341429.jpg
 遠いアルプスとのマッチングもいい。
c0252688_13343020.jpg
 高遠美術館のあるあたりまでもどる。
c0252688_13345013.jpg
 遠足らしい何組かの中・高校生の集団が来ていた。左端の女子高校生は髪に桜の花びらをあしらって写真を撮りっこしている。インスタにでもアップするのか、髪に桜をかざして花見を楽しむのは伊勢物語にある。知ってか知らずでか、風流である。
c0252688_13344013.jpg
 以下、しばらく桜三昧である。
c0252688_13345801.jpg
c0252688_13350630.jpg
c0252688_13351599.jpg
 やや小ぶりなコヒガンザクラ、なかなか品格がある。
c0252688_13352949.jpg
 城内に河東碧梧桐・広瀬奇璧とつぎの荻原生泉水の句碑が建立されている。
c0252688_13354541.jpg
 河東碧梧桐も荻原生泉水も時代を違えこそすれ自由律俳句にとりくんだ俳句革新運動の旗頭である。どんな所縁でこの地に建立されているのかは調べていないが何か不思議な思いが残った。
c0252688_13355700.jpg
 バスにもどる前にもう一枚。今回は主として南斜面側を探訪したが、もちろん城内には無数の桜が植えられている。満開のときを迎えたらさぞやと思わないではないが、もう一度来たいと思うかどうかは微妙なところである。旧藩校の進徳館を見学し損なったのは心残りであった。

 G8+12-60mm、ZR4000

 

by yassall | 2019-04-13 15:31 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/30224604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torikera at 2019-04-13 23:13 x
十分に行った甲斐のある写真たちでしたぁ(^^)/
まだ空気の冷たさが残っているような残雪と桜のコントラストですねぇ。
Commented by yassall at 2019-04-14 02:16
前日は雪のために高遠城趾公園は入場禁止だったそうな。高遠城趾公園がどんなところか知ることができて、コヒガンザクラがどんな桜かも見ることが出来て、ラッキーな方だったのでしょう。
<< ル・コルビュジエ展 桜2019④馬見塚公園・光前寺 >>