<< 今年の読書から 第54回関東高等学校演劇研究大... >>

藤子不二雄A展・カタストロフ美術のちから展

c0252688_17554616.jpg
 20日は車の定期点検。ディーラーは三田線の蓮根にある。待ち時間の間を利用してどこかへ出かけようと考えていた。この時期になってしまうと紅葉はどこも終わりだから美術館めぐりが適当なところである。かといってフェルメールもムンクも見たいと思わない。そこで藤子不二雄Aとなってしまうのが不思議なところだが、なぜかこの方が今の私のどこかを活性化させてくれるような気がしたのだ。
 三田線だと六本木へは日比谷で乗り換えなくてはならない。座席に座れたので本を読んでいたらうっかり乗り過ごしてしまい、また引き返してくるなどというヘマをしながら出かけていった。
 懐かしい、というようなことでもない。『少年サンデー』を読んでいたのは小学生のころだからせいぜい「オバQ」までだろう。今回初めて知ったのだが、本名我孫子素雄と藤本弘が藤子不二雄として合作していたのはその「オバQ]までで、藤本弘が子ども向け漫画に純化していったのに対し、我孫子素雄の方はブラックユーモアを始め、さまざまなジャンルを開拓していった。コンビを解散したのが1987年。藤本弘が亡くなったのが1996年。我孫子素雄はトキワ荘世代の生き残りとして、今も現役の漫画家として描き続けている。その創作力の秘密に触れられたかどうかは別として、会場に入るや喪黒福造の人形がスツールに腰掛ける「BAR鷹の巣」のセットが設えてあったりしてけっこう楽しめた。
c0252688_17555626.jpg
 さて、「藤子不二雄A展」は52階展望台の壁面を利用しての展覧会であったが、53階の森美術館では15周年記念展として「カタストロフと美術のちから展」が開催されていた。共通券でもあったのでこちらも回ってみた。これがなかなかの見っけものであった。
 リーフレットには「東日本大震災などの自然災害、戦争やテロ、難民問題や個人的な悲劇まで、絶えず私たちを襲うカタストロフ(大惨事)。その時、美術はどのようにこれらと対峙し、どのような役割を果たすことができるのしょうか」と趣旨のことばが述べられており、会場に入ると若き日に出会ったJ.P.サルトルの「飢えた子どもたちの前で文学は有効か」ということばが引用されたあいさつ文が掲示されている。まず、その企画力でもって森美術館を見直す思いがした。
c0252688_02401859.jpg
 多くは若い現代作家によるもので、実験的な作品が多数を占めていた。平川恒太(1987年生)「ブラックタイマー」は108個の電波時計に黒の顔料で福島第一原発の作業員の顔を描き込んだ作品である。(福島には東日本エリアをカバーする標準電波の送信局があるのである。)
 最初は壁一面に真っ黒な円盤が並べられているようにしか見えないのだが、近づくとコチコトと時を刻む音が聞こえ、黒い顔料の中に透かし彫りのように作業服姿の顔が浮かび上がってくる。
c0252688_17561112.jpg
 アイ・ウエイウエイ(1957年北京生ベルリン在住)「オデッセイ」は難民問題をテーマにした作品。古代ギリシャの陶器の絵付けを思わせる精緻な描写でボートに乗りこんだ難民やこれを追う兵士たちが描かれている。
c0252688_17562146.jpg
 オノ・ヨーコ「色を加えるペインティング《難民船》」。参加型インスタレーションという説明があり、来場者によって色やメッセージが書き加えられていく。係の人が小部屋の前に控えていて、靴カバーとクレヨンを渡してくれた。



by yassall | 2018-12-27 02:35 | 散歩 | Comments(0)
<< 今年の読書から 第54回関東高等学校演劇研究大... >>