<< 憲法9条を守ろう!原発から撤退... 紅葉2018⑥大田黒公園 >>

紅葉2018⑦林試の森公園・芝公園

c0252688_00100455.jpg
 8日、林試の森公園の散策に武蔵小山まで出かけてきた。新しい撮影スポットはないかとあれこれ物色していたところ、元林野庁・林業試験場の跡地を整備して都立公園として開放されていることを知った。武蔵小山なら三田線一本で行けてしまう。
c0252688_00101938.jpg
  南口から入るとすぐ左側がデイキャンプ場になっている。周辺は住宅密集地であるのに、一歩入るとデイキャンプとは驚きの光景だが、他にも大きな広場がいくつか確保され、子ども達が野球の練習をしたりしている。それでも全体の敷地からするとごく一部だ。
c0252688_00103802.jpg
 カエデはそのデイキャンプ場付近が一番きれいだった。日当たりもいい。下に見える屋根は炊事場である。
c0252688_00111088.jpg
 園内を散策しながらロケーションを確かめる。人影がないように見えるが、ジョギングをしたり、散歩中だったり、私と同じように写真の撮り歩きをしている人はけっこう多かった。
c0252688_00112762.jpg
 小石川植物園と同じように、低地あり、平地ありの多様な地形であることが試験場に選ばれた理由なのだろうと思った。
c0252688_00114590.jpg
 ラクウショウの紅葉が見られるというあたりに来たのだが、すでに落葉してしまったのか、それらしい木々は見当たらなかった。その代わりに、ひときわ背が高く、枝振りが立派な木が立っていた。左手前の木にはユリノキという札が付いていたのだが、枝振りは似ているものの、肌の色が異なる。名前が判然としないのがもどかしいが、知識がないのだからいかんともしがたい。
c0252688_00115708.jpg
 見上げてみても絵になる木だ。
c0252688_00122567.jpg
 在来種や外来種など、さまざまな名前の木々が植林されていた。
c0252688_00124168.jpg
 平地に出てくる。
c0252688_00130786.jpg
 公園の中程には「林業試験場発祥の地」記念碑が建立されている。
c0252688_00132140.jpg
 クスノキ。園内一番の巨木で樹齢100年はたっているとのことだ。
c0252688_00133347.jpg
 帰路はコースを変え、小川を遡り、池の周りを歩いた。
c0252688_00144264.jpg
 木陰になってしまっているが、それでも漏れてくる日差しがきれいだ。
c0252688_00145311.jpg
 帰り際にもう一度デイキャンプ場付近のカエデを。
c0252688_00150414.jpg
 武蔵小山駅から乗車した電車が14:45発。もう少し時間がとれそうなので芝公園前駅で下車した。公園方面出口の階段を上るとイチョウがいい感じだったので少し期待が高まった。だが、丸山古墳あたりはさっぱりだった。前に来たときは雨だったせいもあるが、やはりさんざんだったのだ。
c0252688_00151843.jpg
 このあたりが撮影スポットらしいのだが、明暗差がありすぎ、イチョウの色も沈んでしまい、東京タワーの方は色が出ない。撮影に適した時間帯も終わりに近づいたようなので切り上げることにした。もみじ谷はもう少し先だったらしい。

  EM10Ⅱ+LX12-60mm





by yassall | 2018-12-09 01:35 | 散歩 | Comments(0)
<< 憲法9条を守ろう!原発から撤退... 紅葉2018⑥大田黒公園 >>