<< 大阪・神戸の旅③ 大阪・神戸の旅① >>

大阪・神戸の旅②

 前夜は宿近くのお好み焼き屋で二次会となった。大阪のYさんが同行してくれて、「二枚でも三枚でも焼きますよ」と大阪男子らしく言ってくれたのだが、皆さんお腹の方は一杯らしく、もっぱら会話がつまみ代わりになった。お好み焼きも、タコ焼きも、串揚げも、大阪名物といわれているものはいずれも口にしなかったことになる。
 ここでは主役はあくまで学校司書の皆さんであるから、もっぱら皆さんの会話に耳を傾けようとした。長野や兵庫、各県からの参加者には昔からの顔見知りもいて、健在な様子に頼もしい思いがした。
c0252688_19113165.jpg
 参加者の皆さんは翌日が本番であることから二次会も早めの解散となった。私もそれほど度を過ごしたつもりではないのだが、朝食の買い出しに寄ったコンビニで風呂上がりにと買ったトリスハイボール缶が意外と利いたのか、朝起きるとなんだかぼんやりして活動開始が遅くなってしまった。言い訳をすれば朝の通勤ラッシュを避けようとしたためでもある。
 とはいえ、ホテルの狭い部屋でいつまでグズグズしていても仕方がない。御堂筋線で大阪駅まで出て、荷物をコインロッカーに預ける。関西でもSuicaが使えるというので携行していったのだがこれは便利だった。コインロッカーもSuicaで出し入れができる(Suicaで出し入れしてもコインロッカーという名称は変わらないのだろうか?)
 さて、心斎橋から難波にかけてをミナミというのに対し、大阪駅や梅田周辺をキタというのだそうである。大阪の一方の中心地には違いがないのだろうが、2階のデッキに上り、あたりのビル群をながめるだけで満足することにした(夜景は昨夜フェニックスタワーで楽しんだことだし)。ヨドバシカメラが一等地に大きなビルをかまえている。あれ、ヨドバシカメラの本店って? と一瞬混乱したが、コマーシャルソングにある通り、新宿は淀橋が創業の地である。淀屋橋とは関係がない。
c0252688_19125339.jpg
 再び地下にもぐり、御堂筋線で動物園前駅に向かう。地上に出て、環状線のガードをくぐるとジャンジャン横町である。
c0252688_19120013.jpg
 ジャンジャン横町。朝の10:00ということで、さすがに酒場は店を閉じていたが、串揚げ屋や遊技場はすでに開店している。二軒ならんだ射的場にはここを訪れたタレントや芸人の記念写真が貼りだしてあった。
c0252688_19123189.jpg
 ジャンジャン横町を抜けた一帯にも食べ物店や土産物店が密集している。新世界には昨日の千日前にも増して庶民的な空気が流れているように感じた。
c0252688_19132329.jpg
 ここへ来た目的はもちろん通天閣である。大阪初心者としては、ともかくも見るべきものをみてやろう、という意気込みだけで炎天下に耐えているである。
c0252688_19133806.jpg
 通天閣展望台からの眺望(東側)。右端にそびえるビルはあべのハルカス、眼下に広がる緑地帯が天王寺公園、左端奥にみえる工事中の伽藍は一心寺、次の目的地である四天王寺はさらにその奥あたりらしい。
c0252688_19135189.jpg
 もちろんビリケンさん(3代目らしい)の足の裏もさすってきた。
c0252688_19140453.jpg
 通天閣を下りてから駅側とは反対方向にすすみ、天王寺動物園の脇をさらに東へと進む。四天王寺の西門。たどりつくまでけっこう歩くことになった。
c0252688_19381212.jpg
 北側へ回り、石舞台から楽舎、講堂、北鐘楼を望む。
c0252688_02020971.jpg
 五重塔を写真に収めようと拝観料を払って中心伽藍に入る。いくたびも戦火に遭ったのだろう。8代目だそうである。
c0252688_02023421.jpg
 五重塔の内部。この人形は仏教より道教を連想させる。これも仏教美術の範疇だとすれば、仏教が中国から伝わってきたのだということを実感させられる(間違っているかも知れないが)。
c0252688_02082314.jpg
 何枚も写真を撮ったが、キリがないのでもう一枚だけ。講堂、金堂、五重塔の並びがよく分かると思ったので。
c0252688_02041312.jpg
 仁王門(中門)。さっきは亀池があるので北側から回ったが、どう考えてもこちら側(南側)が正門だな。
c0252688_02070930.jpg
  太子殿(精霊院)。こちらが前院で奥院は立入禁止になっていた。こっそりのぞきに行こうとしたら係の人に見咎められ、止められてしまった(失敗、失敗)。
c0252688_15334724.jpg
 茶臼山。大阪冬の陣では家康の、夏の陣では真田幸村の本陣となったことで名高い。茶臼山古墳というのは固有名詞ではなく、前方後円墳が茶臼に似ていることから来る一般名詞らしい。
c0252688_12523561.jpg
 天王寺駅まではあべのハルカスが目印になる。日本一の高さを誇るビルにはさまざまな近代的設備が施されたというこだが見学は遠慮する。
c0252688_13013186.jpg
 大阪城公園駅を降りるとまずは太陽の広場と名付けられたエリアが大阪城ホールまで続いている。ここだけも広大である。大阪城に向かう前に左側にみえる(かげになってしまっているが)キャッスルガーデンで遅めの昼食をとる。私にしてはおしゃれなランチタイムとなる。
c0252688_13063157.jpg
 大阪城ホールにつきあたって左折し、さらに歩いて行くとようやく大阪城のエリアに入ってくる。青屋門をくぐると外堀の内側になる。
c0252688_13060326.jpg
 こちらが内堀である。
c0252688_13073783.jpg
 極楽門を渡ると本丸。天守閣がそびえる。大阪城の歴史については繰り返さないが最上階の楼閣だけが黒作りになっている。いつの時代かに再建されたとき、ここだけ秀吉の時代の雰囲気を残したのだろう。
c0252688_13075942.jpg
 桜門から本丸を抜けると空堀になっている箇所があった。西の丸庭園をみてもよいと思っていたが、通り抜けは出来ないということだったので、反時計回りに梅林を通過して帰路についた。途中で蓮如ゆかりの碑があったりして、こちらはこちらで興味深かった。そのまま大阪城公園駅から大阪駅に向かう。
c0252688_13084568.jpg
 大阪駅からは神戸線で元町駅まで。神戸もまったく不案内であったが、三宮・元町あたりがさしあたっての観光スポットらしいということで元町に宿をとった。
c0252688_13194107.jpg
 宿はスマイルホテル神戸元町。ネットで探したら格安ということでヒットした。朝食付きで4200円は40年は前の価格である。駅からは徒歩5分、玄関を出てすぐが中華街南京町の入り口である。部屋は極狭だったが、どうせ寝るだけだから、少しばかり広いだけなら他を探す必要もない。
c0252688_13195642.jpg
 到着は17:00過ぎ。西日が強く、1枚目の西安門も門をくぐった側から撮ったものだし、下の街路の様子も西日が強く当たったところは補正してアップした。
c0252688_16220115.jpg
 南京町を通り抜け、右折して神戸港に向かう。メリケン波止場前の交差点を渡るとメリケンパークになっている。
c0252688_16221980.jpg
 パーク内にさまざまなオブジェが設置されているのはガイドブックで知っていたが、いきなり現れたフイッシュダンスには驚かされた。まずその大きさ、つぎに海辺なのになぜ鯉なのか? あとで案内板をみると、鯉川の川尻に位置するところからで、メリケンパークの竣工にあわせ、アメリカのフランク.O.ゲーリーがデザインし、安藤忠雄監修のもとにチェーンリンクメッシュで制作されたとある。安藤忠雄は好かないが、この人を食った造形には感心した。
c0252688_17160086.jpg
 神戸港震災メモリアルパークとある。入り口付近の一角を阪神淡路大震災の被災時のまま残したものとのことだ。
c0252688_17203218.jpg
 広々とした公園は市民たちにもさまざまに活用されているらしい。近々、花火大会も開催されるとあった。
c0252688_17310668.jpg

 神戸オリエンタルホテルは今やランドマーク的な存在となっているのだろうか? ガイドブックで神戸港が紹介されている写真には必ず写っている。右奥に見える大観覧車は対岸の埠頭になる。そこまで歩いていくつもりだったが、あまりに暑さが衰えないので遠望して満足することにした。

c0252688_17322733.jpg

 ランドマークといえばやはり今でもポートタワーの方か? 逆光気味なので翌朝取り直すことになる。

c0252688_17325102.jpg

 パークを出るときにもう一度フィッシュダンスを反対側から。やはり人を食った、としかいいようがない。見えにくいが脇を通り過ぎようとする人と比べてみるとその巨大さが知れる。この日はそのまま南京町で夕食をとり宿に帰った。
   ※
 さて、大阪・神戸の旅②のアップが遅れたのは、画像をアップロードするとエラーが出てしまうようになったからだ。「アクセスが集中しているかページに不具合があるため」というメッセージは何回か目にしたことがあるのだが、少々思い当たることがあった。エキサイトブログを始めて5年半、フリーのまま使ってきたが、いよいよ限度の1Gを超えたことが原因ではないか? そこで過去の何枚かの写真を削除してみるとアップロードできる。「1Gを超えました」というメッセージが出たわけではないが、間違いなかろうということで昨夜のうちに有料版にコース変更した。
 ところが、時間をおいてみても、ログインのし直しをしてみても、なかなかコース変更が反映されない。つい先ほど、②に予定していた最後の数枚がロード出来たので投稿にこぎつけたのだが、ここでも何回か失敗している(今度はうまくいったのか?)。
 コース変更の反映まで最大24時間とあったから、もう8時間ほど待ってみるしかないが、こうなると本当の原因は何だったのかということになる。有料といっても月額240円程度のことだが、歳をとってくると私に何かあったときに中止できる者がいるのか、とか、最近訪問者も減ってしまったしなあ、とか、ついくよくよと考えてしまいがちなのである。(ブツブツと見苦しいかぎりだったが翌日には解決をみた。)

 GM5+OL9-18mm、TXI


by yassall | 2018-08-11 01:12 | 風景 | Comments(0)
<< 大阪・神戸の旅③ 大阪・神戸の旅① >>