人気ブログランキング |
<< 「日本の家」展 ゲッコーパレード滞在公演「ヘン... >>

東京ノ温度第五回公演「まなつぼし」

c0252688_18522943.jpg
 28日、卒業生のみかわやこと葉山美侑から出演情報があったので東京ノ温度第五回公演「まなつぼし」を見てきた。小屋は前回と同じ新大久保、ホボホボである。
 作・演出は主宰者である川島広輝氏。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」には失われた第3稿が存在し、原稿から削除された記述から銀河鉄道を走行させることに成功する。乗客の深層心理を探ることで、現実世界とバーチャル空間の接点に死者と生者を再会させ、心の傷と向かい合うことで過去と和解し、自己を肯定していく勇気を与えられる……。
 芝居の内容をざっくりと紹介すればそんなところだろうか? 芝居も演出も前回同様尖ったところはない。「ワンシチュエーションコメディ」というコンセプトから、むしろ安心して見ていられる芝居をめざしているのかも知れない。それでもラストで、戦中に敵機による機銃掃射で命を落とした兄妹から託されたポーチに入っていた手紙の日付が「2045年…」とあったのが効いていた。「新たな戦前」とも評される現代を撃っていた。
 ところでみかわやの俳優生活も長くなってきた。28日は千秋楽であったので、最後に出演者のあいさつがあったのだが、みかわやが代表のような立場で最初のあいさつに立っていた。これからもいい芝居との出会いがあるといいのだが。


by yassall | 2017-08-29 19:18 | 日誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/27152730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「日本の家」展 ゲッコーパレード滞在公演「ヘン... >>