<< 2016年のニューフェイス デザインスキンあれこれ試行中! >>

銀座ボルドーと信山社

 ボルドー(Bordeaux)は銀座で現存する最古のバーで89年の歴史を刻むという。もちろん、私にはバーというも、銀座というも、縁もゆかりもない世界で、この12月22日についに店を閉じることになったという新聞記事で初めて知ったのである。
c0252688_00220325.jpg
 「後継者なく、建物も古く」というのが閉店の理由だという。建物について、オーナーは「取り壊すことになるのでは」と話しているとあったので、それなら今のうちに写真に撮っておこうと、車を12ヶ月点検に出したその足で出かけて来た。
c0252688_00214284.jpg
 住所は銀座八丁目。地図をたよりに歩いていくと、中央通りの2本先の小道沿いにすぐ見つかった。季節がよければ建物を覆っている植物ももう少し精彩がありそうな気もするが、外観を見る限り、確かに老朽の度は隠しようもない。
c0252688_00212290.jpg
 かつては山本五十六や白州次郎が足繁く通ったという。彼らもこのドアを開けて店内へ入っていったのだろうか? 新聞に掲載されていた写真によると店内はけっこう重厚かつ瀟洒なつくりのようだった。本当は内部も写真に撮りたかったが、今日はこれからまた車を運転しなくてはならない。常連でもない者が酒も飲まずに写真だけ撮らせてくれというわけにもいかない。第一まだ午後4時ごろで開店もしていない様子だ。
c0252688_00222432.jpg
 全景を撮りたかったが、店の前に大型トラックが停車(運転手は運転席で居眠り)中で果たせなかった。
c0252688_00230645.jpg
 ついでに銀座をスナップして歩こうかと思っていたのだが、思いの外早く「点検終了しました」の報が留守電に入り、被写体を発見したり、撮り方をあれこれ工夫してみようという心の余裕が消えてしまった。
c0252688_00235576.jpg
 新橋駅を通りすぎ、内幸町から三田線に乗り込む。神保町で途中下車し、信山社の前に到着したのは午後5時ころだったか? 
c0252688_00233084.jpg
 「岩波ブックセンター」(岩波とは資本関係にはないとのこと)として始まった信山社は先月の23日から営業を休止している。店の張り紙には「店主急逝のため」とあったが、信山社は1億円を超える負債をかかえ自己破産を申請中だという。「専門書の専門店」という書店は私程度の読書生活には縁遠い存在だったが、このような書店があるというだけで何だか心強かった。
c0252688_00211080.jpg
 あれこれあって日程が押せ押せになってしまい、あっという間に日暮れとなり、ただでさえ絵づくりには条件が悪いのに、何だか主題も写真も暗くなってしまった。せめて最後に明るい1枚をと思って、日のあるうちに近所の公園で撮ったイチョウをアップする。

 GM5+12-32mm


by yassall | 2016-12-09 01:25 | 日誌 | Comments(2)
Commented by torikera at 2016-12-22 23:57 x
ボルドー外観だけでもスゴイですね 中も見てみたいものですが 銀座のバーと言うだけでビビってしまいそうです(^^♪
Commented by yassall at 2016-12-27 18:38
バーなんて、若いころ人に連れられて行った記憶がある以外、まったく縁がない世界です。ただ、たとえば池袋のビアガーデンのライオンなど、趣のある建物が改築してしまったり、なくなってしまったりするのが残念です。(銀座ライオンは顕在化も知れません。新宿にもあったはずなのですが、どこにあったのか、たまに街を歩いていても見当たりません。)
<< 2016年のニューフェイス デザインスキンあれこれ試行中! >>