人気ブログランキング |
<< つい一言 2015.11 鳩山会館のバラ >>

伊藤一雄『池袋西口 戦後の匂い』合同フォレスト

c0252688_15491377.jpg
 先日、高校時代の同期会があった。5年前にも一度開かれているのだが、高校時代に親しくしていたSの姿がなかった。おそらく転居先不明のままになっているのだろうと思い、今回は幹事を買って出てくれているKに頼んで案内状を送ってもらった。
 Sは千葉に職と家族を得て引っ越してしまった。年賀状のやりとりだけはしていたのだが、会うのは35年ぶりくらいになるのではないだろろうか? そのSからこの本のことを教えてもらったのである。
 奥付をみると、著者は1950年生まれ、池袋第五小学校卒業。新宿区職員として勤務したとあるが、退職が2006年だから定年までは勤めなかったのだろう。その後、東京都自治体問題研究所理事、都留文科大学非常勤講師を経て、現在文教大学非常勤講師などを勤めているという。
 そのような経歴がどう関連しているのかは分からないが、本書の基になったのは私家本として出された『池五の界隈』なのだという。成り立ちとしては池袋第五小学校の同窓生に向けて書かれたものらしく、書きぶりもそんな感じである。Sとは小中学校で同期だったという。
 池袋は豊島区、私が生まれ育ったのは隣の板橋区である。だが、東上線の始発駅である池袋には子どもの頃からなじんできたし、書かれていることには強い同時代意識を感じる。
 小学生のころ、東上線に乗って池袋に近づいてくると見えて来たのがマンモスプールである。ローラースケート場にもなっていて、友人に誘われ、親に内緒で出かけていったことがある。家に帰ったあと、どうしたわけかバレてしまい、こっぴどく叱られた。この本にも出て来て、「不良が多く集まる場所」なので「子どもだけで行ってはいけません」というシドウが当時あったそうだ。
 やはり完全な(?)地元民というわけではないから、どこそこの通りを抜けると○○さんの庭先に出た、というような話にはついて行けないし、西口の東武デパートの隣りに東横デパートがあったのは記憶にあるが、建設中のことまでは知らない。
 その東横も、東口の西武デパートの隣りで、今はパルコになってしまった丸物ももうない。三越も山田電気になってしまった。
 喫茶店「ネスパ」なんて名前が出てくるともう懐かしくてたまらない。山之口貘がよく通ったという沖縄酒場「おもろ」はまだ健在で、同期会の帰りにもSともう一人を誘って立ち寄った。
 本屋では芳林堂の名前が出てくるが、芳林堂もコミックセンターを残して撤退してしまった。古書店では、西口の八勝堂や夏目書店は建物も建て替えてまだまだ健在だが、東口駅前にあった古書店(※)はとっくに無くなってしまった。
 ※店名を失念していたのだが、そこで購入した本の裏表紙にシールが貼ってあったのが見つかった。盛明堂書店である。
 東口では新栄堂が老舗だったが、ジュンク堂ができた後に閉店してしまった。新栄堂の並びではキンカ堂も長くまでがんばっていて、演劇部の小物の調達に出かけたりしていたが、これも撤退してしまった。
 この本には出てこないが、吉岡実の日記を読んでいると、よく池袋のことが出てくる。窓の外から巣鴨刑務所(現在のサンシャイン)が見えた、などと書かれているから、この近くに住んでいた時期があったのかも知れない。新栄堂の地下に喫茶店があり、吉岡実が誰かと待ち合わせをしたようなことが書いてあったような記憶がある。喫茶店といえば、現在の東急ハンズの向かいにあった「コンサートホール」が無くなってしまったのは残念でならない。
 この本で、新宿と池袋を比較し、池袋は繁華街にあたる地域が狭く、すぐに住宅街と混在してしまう、と分析している。両方とも交通のターミナル(※)として発展してきた町ではあるが、確かに新宿の方が開かれたイメージがあり、池袋の方が閉ざされたイメージがある。だが、それだけに私などからするとわが町意識が高められるのである。
 ※付け足しだが、もともとこの地域のターミナル駅としての候補は板橋であったらしい。古くから知られた地名ということでは、新宿が甲州街道の宿場町なのだから、中山道側は板橋であって不思議はないのである。だが、地の利から池袋になったらしい、などということもこの本に書かれている。ああ、話が尽きない。
 ※付け足しの訂正と補足。明治、最初に鉄道敷設の拠点と考えられていたのは板橋ではなく目白だったということである。読み間違いだったわけだが、もっと面白いことが書いてあった。これは偶然であるらしいのだが、新宿も池袋も鎌倉古道に沿っているというのである。その鎌倉古道は板橋に抜けていく。すると板橋は中山道と鎌倉古道とがクロスする地点に位置していることになる。

伊藤一雄『池袋西口 戦後の匂い』合同フォレスト(2015)



by yassall | 2015-10-30 15:47 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/24875928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torikera at 2015-10-31 22:54 x
私も東京赤羽近くの神谷町だったので ときどきは池袋など出かけていました いくつか知っているお店も出てきて懐かしいです 池袋界わいの変化もすごいものですねぇ(^^;
Commented by yassall at 2015-10-31 23:40
生活圏が近かったですものね。母の実家が茨城だったので、田舎に帰るときはバスで赤羽に出ました。駅前に蛇屋があったのを覚えています。この本によると池袋にもあったというのですが。
Commented by torikera at 2015-11-01 23:52 x
おおっ 蛇屋!!知っています!!
南口の駅前にあったんですが
いつもそこを通るたびにウィンドウの中の
蛇をみて喜んでいました(゚д゚)!
Commented by yassall at 2015-11-02 10:52
本当は漢方薬の薬局か何かだったんでしょうが、数え切れないほどの蛇がからみあっているウィンドウは蛇屋としか思えませんでした。蛇ににらまれた蛙といいますが、小さな頭の小さな目、長く伸びた舌が印象的でした。
Commented by ころく at 2015-11-02 11:39 x
さっそく読みました。池袋2丁目1000番地生まれ(旧。生まれたのは新宿の病院だけど)。サンキー、蛇屋、不二家、金物屋…。御嶽神社のお祭り、三業通りの縁日は懐かしい。「この漫画、漢字にはかなが、かなには漢字がふってある」って口上が子ども心におかしかった。友達には置き屋の娘もいました。楽しい情報、ありがとうございます。
Commented by yassall at 2015-11-02 23:49
うれしいコメントをありがとうございます。私は東上線利用者なので西口の方が行動圏が広いですが、昔都電が発着していた東口も懐かしいですね。商店街の人ががんばって近年発展が著しいですが、文化的な発信力も増していって欲しいです。池袋モンパルナスのことも紹介されていました。
<< つい一言 2015.11 鳩山会館のバラ >>