人気ブログランキング |
<< 水元公園の花菖蒲 つい一言 2015.6 >>

今年も塩らっきょうpartⅡ

c0252688_10431572.jpg
 前回の鹿児島産に続いて鳥取産らっきょうが出荷になった。今年は砂付きも発売されたのだが、100円違いということもあり、洗いにした。
c0252688_10432424.jpg
 昨日届いたので、さっそくボールに移し、甘皮をむいてザルで水をきる。前回と同じような写真になってしまったが、鹿児島産とかたちの違いがあるようなないような…。
 今年気がついたことは、小さめのを生で食したところ、辛みもあるにはあるが、ほのかに甘みを含んでいるということだ。産地ではさまざまな食べ方をするとのことだが、生が一番という声も多いという。
 らっきょうは生命力が強く、放置しておくと芯の方が伸びてきてしまう。1kgを買って、全部を生のまま保存しておくのは無理だろうが、買ったその日のうちくらいは少量を味噌で食べたりするのもありかも知れない。
 高血圧症になると、医者は塩分を控えろという。高血圧と塩分とはどのような関係にあるかというと、血液中の塩分濃度が高くなると、これを薄めようと水分量を増やす。すると血液量が過多となり、血管への負担が増大する、ということらしい。えっ?そんな単純な仕組みなの?と思ってしまうが、それでは喉が渇いても水を飲まないようにすればいいのか、というとそんな単純な話ではないらしい。
 そんなことを意識してではなかったが、前回は少々塩が多すぎたので、今回は200gにつき大さじ1杯弱の割合で塩をまぶし、タッパに詰め込んだ。さて、味の方はどうなることだろうか?


by yassall | 2015-06-04 11:05 | 日誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/24207807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水元公園の花菖蒲 つい一言 2015.6 >>