人気ブログランキング |
<< 村上昭夫「雁の声」 2014衆議院選挙が終わって >>

江古田北口市場が閉鎖!

 西武池袋線江古田は武蔵大学・武蔵野音楽大学・日大芸術学部の最寄り駅である。中野区では「えごた」と読むが、こちらでは駅名は「えこだ」なのである。
c0252688_10234782.jpg
 その江古田駅北口に小商店が軒を並べる江古田市場がある。武蔵大とは反対側なのだが、本屋があったり、昼飯を食べるための食堂があったりしたので、この市場あたりもよくふらふらと散歩した。その江古田市場が今年いっぱいで閉鎖されるという。
c0252688_10232160.jpg
 江古田駅の開業は1922(大11)年。そのころから商店が集まりだしたが、現在の市場スタイルの原型は1946年に22店舗から始まったという。
 どこか戦後の雰囲気を残す庶民的な商店街であったし、夕暮れ時から宵の口にかけては、なぜか梶井基次郎の「檸檬」を連想させるような、不思議な懐かしさがあった。
c0252688_10224348.jpg
 現在は8店舗まで減ってしまい、今年が20年ごとの借地契約の更新にあたるのを機に閉店を話し合ったとのことだ。
c0252688_10241054.jpg
 写真は2004年に撮ったもの。10年前にしてすでに昔の賑わいがないと感じたものだったが、年内に閉鎖とあってはもう一度写真を撮りに行きたいものだと思っている。 

by yassall | 2014-12-18 10:47 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/23223990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torikera at 2014-12-23 23:52 x
こういう商店街は本当に少なくなってきましたね ちょっとした商店街はシャッター通りになっちゃうし! 寂しいなぁ   (-_-;)
Commented by yassall at 2014-12-27 00:36
東上線沿線では大山商店街がまだまだ健在です。中央線沿線はモダンなストアと共存しながらがんばっている商店街が吉祥寺あたりにもあったりします。ただ、江古田にはレトロな雰囲気に対する郷愁以上の愛着があるのです。
<< 村上昭夫「雁の声」 2014衆議院選挙が終わって >>