人気ブログランキング |
<< 2014衆議院選挙が終わって 菅原文太の死 >>

D3300でニコン再入門?

c0252688_12180416.jpg

 D3300はNikonデジタル一眼レフのエントリー機(入門機)である。今年2月に発売されたときから注目していたのだが、買うとしても1年後だろうと考えていた。それが、つい我慢できずに、先月末に買ってしまった。
 どこに注目したかというと、まず①ボディに新素材として炭素繊維を採用したことにより、剛性と軽量化を両立させたことがある。
 フイルム時代から一眼レフはNikonを使ってきたが、定年を期にm4/3への乗り換えをはかった。大きくて重いカメラは結局持ち出さないから、というのが理由だった。
 D60を手放し、デジタルではD90のみ残した。D90が620gであるのに対し、D3300は410g(SDカードと電池込みでも460g)である。D90を残したのはモーター内蔵でないレンズでもAFが可能であるからだ。話が前後するがD7000が出たときのこと、視野率が100%となり、マニュアルレンズでも露出計が連動するとあって、発表されるや「やられた!」と思ったし、思わず買い替えを考えた。そのD7000が690g、D90とはわずか70gの差であるが、手に取ってみてたちまち熱がさめた(後継機のD7100は675gとやや軽量化)。現有のOM-D EM5が373gであるから、410gという重量はm4/3に匹敵する。
 その他に、②ローパスフィルターレスであること、②2416万画素であること(画素数だけが必ずしも決め手ではないとはいえ、やはり引き延ばしていったときの解像感の保持は期待できる)、③画像処理エンジンが最新のEXPEED4であること、がある。つまりは新しもの好きが治癒しないのである。
 18-55mmVRⅡとのレンズキッドで買ったが、このレンズの小型・軽量なのにも惹かれた。前モデルが265gであるのに対し195gしかない。単焦点レンズやマクロを中心に使うとしても、押さえにもう1本持ち歩くのに苦にはなるまい。

c0252688_12211537.jpg

 デザインは気に入っている。チープな感じはないし、ハンドリングもなかなかよい。このレンズとのマッチングも悪くないと思う。高級機のごつさは見ただけで敬遠してしまう。NikonDfの人気が高いらしいが、往年のFシリーズよりはPENTAXの67あたりを連想してしまう。

c0252688_12190314.jpg

 さっそく試し撮りをしてみたので、何枚かアップする。

c0252688_12184734.jpg

 発色や解像感もそう悪くないのではないか?
 既存の方式とローパスフィルタレスとを比較すると、実は解像感そのものにそれほどの差はなく、ソフトによる処理でない分、自然な感じになるという。

c0252688_12192042.jpg

 いつものオリエンタルイーストの工場である。。金属の質感はどうだろうか?
 3日ほど使ってみて、PポジションだとISO感度を低くおさえようと絞り開放に近づけようとする傾向があるようだ。絞り優先で使ってみたり、輪郭強調を調整したりしてみたい。

c0252688_12204156.jpg

 このレンズは近接撮影でもけっこう寄れる。カタログにはAFで0.28m、MFで0.25mとある。それもズーム全域でである。この写真では日陰なこともあって、発色もピントももう一つという感じだが。

c0252688_12194862.jpg

 購入に踏み切ったのはもちろん値ごろになったという判断があってのことだが、何と(!)今月に入ったとたんにまた2000円(ショップによっては5000円)ほど値下がりした(・ ・)。
 EVF付のm4/3を使ってみると、一眼レフと比較してみても、一長一短であると感じる。EVFが鮮明さで劣るには違いないが、露出補正の効果がダイレクトに確かめられたりする利点はある。これからもD3300と他のカメラとを使い分けていくことになるだろう。
 防湿庫に眠っているレンズを復活させたいというのが主要な動機だが、お見せできるような写真が撮れたらまたアップする。

 (つぶやき
 新しいカメラを買うと新しいレンズが欲しくなるものだが、今のところそれはない。今回でNikonとのつきあいも落ち着くのではないかと思っている。デジタルカメラは次々と新しい技術が投入されてくるが、モデルチェンジのたびに劇的に絵がよくなるわけでもない。(他のメーカーでもそれほど新機種に物欲が動くということもなくなった。ただ、LUMIXはGM5が値ごろになったらきっと買ってしまうだろう。)
 と、いいながら、回折現象を補正するソフトが搭載されたらとか、必要によってボディ内手ぶれ補正が選択できるように搭載されたら、とかつい考えないでもない。まあ、回折現象の補正ソフトは十分な効果が確認できるような域には達していないらしいし、f8くらいまで絞れれば現状で不満はない。ボディ内手ぶれ補正を搭載すると本体に熱を持つというので、現在レンズ内補正を採用しているメーカーは当分併用はしないだろうし、そうすぐに手を出したくなることもないだろう……ないだろう……な。


by yassall | 2014-12-04 12:25 | カメラ談義 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/23162578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torikera at 2014-12-05 02:14 x
ひゃ~買っちゃったんですね(笑) どんどん新しいものが出てきて だいたい性能はあがっていきますからねぇ ふふふっ 欲しいカメラもレンズも切りがないほどありますよっ 暫く楽しめますね 色々撮影して見せて下さい(*^^*)
Commented by yassall at 2014-12-05 14:11
そうなんです、買っちゃったんです。冬はあまり撮るものがにので、春になるまで待つつもりだったんですけどね。今度は少し長く使おうかと思っています。
<< 2014衆議院選挙が終わって 菅原文太の死 >>