人気ブログランキング |
<< 紅葉の森林公園 2014年埼玉県高校演劇中央発表会 >>

ミレー展と六義園ライトアップ


c0252688_14322505.jpg
 3連休の初日、ミレー展を見に三菱1号館美術館まで出かけて来た。農民画家として名高いが、バルビゾン派らしく、風景画の充実した展覧会となった。「刈り入れ人たちの休息」を見たいと思って行く気になったのだが「羊飼いの娘」もよかった。
 さて、時間を見計らって有楽町をあとにし駒込へ。11月20日から六義園のライトアップがはじまっているのである。
c0252688_14331006.jpg
 紅葉の六義園を訪れるのは初めてなのだが、予想以上の人出だった。いつもは閉まっている駅側の染井門がこの時期だけ開放されているのだが、午後4時の時点で行列ができていた。せっかく開門していたのではあるが正門に回る。
c0252688_14325782.jpg
 明るいうちの紅葉はそれほででもなかったが、ライトアップが始まるとなかなか幻想的である。三脚も持って行かなかったので予想通り手ぶれ写真が多いが何枚かアップしてみる。夜景の中であるので人混みも闇に沈んでしまう。 
c0252688_14324364.jpg
 池泉に影を落とす風景と光のコントラストが美しい。

  RX100

 「ボストン美術館ミレー展」~1/12まで
 「六義園ライトアップ」  ~12/7まで


by yassall | 2014-11-23 14:55 | 日誌 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/23101931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torikera at 2014-11-28 23:50 x
やはり紅葉は 光がないと絵にしにくいですね 発色が悪いというか 角度によって随分つまらなくなってしまうので難しい被写体だとおもいますが 決まった時はうれしいですねぇ きれいなライトアップのショットです すてきですね
Commented by desire_san at 2015-01-09 14:35
こんにちは。
私も東京の三菱一号館美術館で、米国のボストン美術館が所有するミレーの作品展をみてきましたので、楽しく拝見しました。紅葉の六義園のライトアップは素晴らしく美しいですね。すてきな写真に感激しました。
日本でミレーは非常に人気がありますが、それはミレーの絵画に共感したり親しみを感じ、観る人の心の深くまで入り込んで心を強く捉える力があるからだではないかと感じました。

私は今回のミレー展で観た作品や過去に来日したミレーの代表作も含めて、ミレー絵画の特徴や魅力を整理してみましたので、読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。
Commented by yassall at 2015-01-09 16:09
コメント、ありがとうございます。さっそくブログの方にもお邪魔しました。絵画だけでなく、音楽や文学、登山など、幅広い趣味と教養をお持ちなのですね。これからもときどき訪問させていただければと思います。
<< 紅葉の森林公園 2014年埼玉県高校演劇中央発表会 >>