人気ブログランキング |
<< 三菱重工業と日立製作所が火力発... 学校司書の法制化問題について考... >>

11.23いま、学校図書館を考える~なぜ、学校司書が必要か~

c0252688_143004.jpg

 11月23日、 「いま、学校図書館を考える~なぜ、学校司書が必要か~」(主催:学校図書館問題研究会・学校図書館を考える全国連絡会)に参加してきました。あいにくの雨模様の中でしたが、120名収容の会場に112名の参加がありました。(会場は日本学校図書館協会、写真)
 本年7月の読売新聞に「学校司書の法制化推進確認」という記事が掲載されて以来、学校司書の法制化の実現に対する期待と先行きへの不安が一気に高まりました。
 主催者によれば、本集会はこうした動向の中、学校司書が実際にどのような役割を果たしているか、全国各地での実践を中心に明らかにしていこう、アピールしていこう、との趣旨のもとに開催されました。
 集会はその目的にふさわしい内容で成功しました。そして、参加者の声にもあったように、この集会が学校図書館関係者の長年の悲願である学校司書の法制化への第一歩であって欲しいと願わずにはいられませんでした。
 そこで、「学校司書の法制化問題について考えること」と題して、現役時代から考えてきたことや発言してきたことを文章にまとめてみました。長文になってしまいましたが、関心のおありの方にはぜひともお読みいただき、ご意見ご批判をいただければ嬉しいです。(文章、資料はカテゴリ図書館へ)

関連URL:学校図書館問題研究会 http://gakutoken.net/
by yassall | 2012-11-26 14:27 | 日誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakurago.exblog.jp/tb/18914486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 三菱重工業と日立製作所が火力発... 学校司書の法制化問題について考... >>