憲法9条を守ろう!原発から撤退しよう!

 憲法改悪反対!原発撤退!これだけは巻頭から外すわけにはいかない!(その理由は口上で)
c0252688_19054406.jpg
ご案内
 たいがいが趣味(夏炉冬扇?)のブログですが、ときに真面目?になって、つい一言もの申したり、語ったり(竹頭木屑?)しています。多少とも関わりのあった「学校図書館」や「高校演劇」についても応援していきたいとカテゴリを設けました。初心を忘れず、ということで「国語・国文」を起こしましたが、あまり更新できずにいます。他は、最近何してる?は「日誌」に、何か考えてる?は「雑感」に、という塩梅です。
 あ、写真をご覧になっていただけるかたは主に「風景・散歩」のカテゴリーに!

この一枚

 今年は亀戸天天神で観梅(3月9日 EM5)





 




 

# by yassall | 2020-12-31 23:59 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

亀戸天神の梅

c0252688_17004235.jpg
 9日、せっかくの晴れ間であったので亀戸天神まで梅を撮りに出かけて来た。いつかの藤まつりでは時機を逃してしまったが、天神様といえば梅を外すわけはないと踏んだのである。
c0252688_17012119.jpg
 まずはお参りをすませ、本殿前の白梅・紅梅を写真におさめる。
c0252688_17020482.jpg
 参拝客は引きも切らない。JR亀戸駅からけっこう歩く距離だが人気スポットなのだろう。以下、境内の様子がわかるショットを何枚か。
c0252688_17005911.jpg

c0252688_19021636.jpg

c0252688_17015457.jpg
c0252688_17023895.jpg
c0252688_17021605.jpg
 スカイツリーをバックにねらってみたが、南向きなので逆光になってしまう。露出補正にも限界がある。スカイツリーもきれいにボケてくれない。
c0252688_17030524.jpg
 太鼓橋との取り合わせを意図したが枝垂れ梅の位置もベストとはいえず、池の上に組まれた藤棚が煩雑でなかなか絵にならない。
c0252688_17031319.jpg
 これも太鼓橋との取り合わせ。日陰なので梅が明るく写るように露出を調整すると背景が飛んでしまう。
c0252688_17032370.jpg
 屋根との取り合わせのほうが映えるか……。
c0252688_17022833.jpg
 青空だとやはり映える。
c0252688_17033128.jpg
 役1時間ほどで撮影を終える。これといった写真も撮れず終いではあったが、4月になったらまた藤を撮りに来たいものだと思った。

  EM5+12-50mm

 森林公園の梅を撮りにでかけるのが毎年の恒例になっている。今年はどうしたかというと実は計画はあったのだ。ただ、ナイターのみの参加者も含めると6人となり、やはり店を予約しておいた方がよいだろうということになった。天気予報をにらみつつ7日と決めたが、その後、手のひらを返すように予報は急転し、当日は朝から雨だった。小雨でもかまわず決行という時期もあったのだが、さすがに年齢も年齢で、ナイターだけお楽しみにしようということになった。久しぶりに会うメンバーもいることだし。参加者打ち揃っての実質的な一次会スタートで、それはそれで楽しいひとときだったのである。撮影機材をEM5にしたのは、雨天に備えて7日の前に準備しておいたからである。

# by yassall | 2019-03-11 18:42 | 散歩 | Trackback | Comments(2)

生活に書を!作品展in川越

c0252688_17491159.jpg
 横山延子さんは志木高時代の同僚で書道の先生である。昨年4月、同じく志木高校で美術を担当していた木藤恭子さんから「それぞれの紙Ⅱ」展の案内をいただいた。会場の小江戸蔵里ギャラリーに横山さんもいらしていて、2年ほど早く退職し、請われて書道教室を開いていたり、個展を開いたりしているとの近況をうかがった。ずっと年賀状のやりとりはしていたのだが、そのときの縁で作品展の通知をいただいたのだ。
 学生時代、中学校の国語の免許を取るために書道演習に出たくらいで、滅多に筆など手にしたこともない。元来、左利きであるので書道とは縁遠い人生を送って来たのである。ただそれだけに、多少のたしなみがあれば少しは文人らしい雰囲気を醸しだせたのではないか、という憧れのようなものはあったし、墨の匂いとは心地よいものだなあと感じ入ることもあったのである。
 展覧会は30人ほどのお弟子さんたちによるもので、今回で4回目となるのだそうである。昔、書道をやったことがあるのでもう一度始めてみたい、定年を迎えたらぜひ挑戦してみたいと思い続けてきた、など動機はそれぞれらしい。臨書あり、創作あり、書体もさまざまで、たぶん横山さんのポリシーもあるのだろうが、まずは書道を楽しんでいる様子が展覧会全体にうかがえたし、墨痕淋漓というのか、私のようなものにも日ごろの鍛錬や生来の才がそれと知れるような力作も多かった。
 さて、写真はピンク色の掛け軸から左にみて額装された3点が横山さんの賛助出品。筆が生きていて流石としかいいようもないが、さらにその左のねずみ色の軸と額装の2点は志木高で数学の非常勤講師をなさっていたEさんの作品である。書道歴は長いらしく、こちらも気品ただようというのか、それでいて勢いというのか、力強さにあふれた御作だった。
c0252688_17490020.jpg
 会場となった川越市西文化会館は私の川工時代に竣工した。さっそく亀井文夫の映画会を開催したりなど、けっこう活用させてもらったはずなのだが、当時は車でしか行ったことがなかった。霞ヶ関駅から歩いたのも初めてだったし、20数年の間に周囲の道路の整備なども進んだらしく、記憶とぴたりと合致したという感覚を得られなかった。ホールでは川越市民文化祭青少年演劇祭が催されている様子だった。少々交通の便は悪いが市民に使い勝手よく利用されているなら何よりである。このあと、川越駅にもどり、夜からは川工時代の同僚たちと年一度の集まりである。今年は16人が集まった。


# by yassall | 2019-02-25 01:44 | 日誌 | Trackback | Comments(0)

つい一言 2019.2

 2月11日の「建国記念の日」は戦前の紀元節で、初代神武天皇が即位した日とされている。その前日の10日に開催された自民党大会で安倍首相はつぎのように述べたとのことだ。

 
「残念ながら、新規(自衛)隊員募集に対して、都道府県の6割以上が協力を拒否しているという悲しい実態があります。地方自治体から要請されれば自衛隊の諸君はただちに駆けつけ、命をかけて災害に立ち向かうにもかかわらずであります。皆さん、この状況を変えようではありませんか。憲法にしっかりと自衛隊と明記して、違憲論争に終止符を打とうではありませんか」

 この報道を耳にして私は強烈な違和感をもった。
 第一に自衛隊が「違憲」であるからという理由をもって、都道府県の6割以上が協力を「拒否」しているという政治状況が、いったい現代日本のどこに存在しているというのか?
 (実際には、さいたま市大宮区の三橋公民館が同館俳句サークルの会員が憲法9条を題材に詠んだ俳句を「公民館だより」に掲載することを拒否した事件を筆頭に、護憲団体の集会に市民会館のホールの貸し出しを拒んだりなど、政権に「忖度」し、むしろ先回りしているような事態がつぎつぎと起こっている。)
  ※
 第二に、これを批判する野党や朝日・毎日といった一般紙の論調である。安倍首相が「6割以上が協力を拒否」と述べているのは、防衛省が各自治体に募集対象者(大学・高校の卒業予定者)の氏名、生年月日、性別、住所のデータを載せた名簿を求めたところ、平成29年度に要請に応じたのは全1741市区町村のうち36%であり、残り64%は提供しなかったことにある。
 これに対し、紙媒体や電子データは提供しなかったものの、過疎地で人口が少ない自治体を除く53%の市区町村では対象者名簿がある場合は名簿を、それもない場合は住民基本台帳の閲覧はさせており、募集担当の自衛隊員は手書きで書き取っていた、したがって36%に53%を加え、約9割が協力したというのが野党側の批判である。
 つまり、協力している自治体が「4割」弱であるのか「9割」であるのか、安倍首相の発言は「フェイク」であるのか「ファクト」であるのかが論点となっているが、それでいいのだろうかという疑問である。
  ※
 2月18日付の『赤旗』で、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が昨年の12月5日に開催した集会「待ったなし!憲法改正の国会論議」で、「全国6割の自治体が、自衛隊員募集に非協力的です」「自治体が円滑に業務を遂行するため、自衛隊の憲法明記を!」などと記されたビラが配布されたことを紹介し、安倍首相の「自衛官募集」発言が日本会議仕込みであることを報じている。
 日本会議は彼らなりの「国民運動」によって「元号法制化」を実現させたことによって存在感を示した。今回も彼ら一流の「国民運動」としてしかけられた公算が強いと私は思っている。それは14日、自民党が所属国会議員に対し、自衛官募集に関連する名簿提出を地元市町村に促すよう求めた「通達」を出した(『東京新聞』2月16日)ことからも、発言は一連の「運動」への最初のインパクトであったとみるのが正しいように思うのである。
  ※
 いやしくも一国の首相の発言が「フェイク」であることが明らかになれば重大な傷手であると普通は思う。しかし、どうやら彼らの戦法はたとえ「フェイク」であっても、新たな「敵」(「災害が起こったときは自衛隊に救援を求めるくせに自衛隊員募集には非協力的な自治体」)を作り出すことによって人びとをあおり立て、自らの主張を押し通そうということにあるのである。いや、「フェイク」であるからこそ、それを押し通せる巨大な力の存在を見せつけられるということを知ってのことなのである。

 かつて学校現場にいた者として、これまでの一連の報道をみて、こんなことが許されるならいずれ学校現場にも「自衛隊員募集」の圧力がかかってくるに違いないと考えたし、恐ろしさを感じた。教員に成り立てのころ、予科練の出身だという先輩の先生方がいらした。戦前では各学校に優秀な生徒を予科練に推薦せよ、というようなお達しがあったらしい。学生時代、先生に説得され、決意したとその先生は語っていらした。教師が自分の勤務する学校のめぼしい生徒に目を付け、自衛隊員募集に応募するよう説得するような時代がやってこないことを祈るばかりだ。
  ※
《付記》
 自衛隊員募集に関して自治体に「協力」を要請できるとする根拠は、「自衛隊法」に自治体が「自衛官募集に関するジムの一部を行う」との規定があること、同法施行令に防衛相は「知事または市町村長に対し、必要な報告または資料の提出を求めることができる」とあることからであるという。
 しかし、「住民基本台帳法」には「(自衛隊への)提供の規定はない」(2003年衆院個人情報特別委員会における畠中誠二郎総務省自治行政局長答弁)のであり、当時の石破茂防衛庁長官も「私どもも(自治体に)依頼はしているが、応えられないということであれば、いたし方がない」と答弁している(『赤旗』2月16日)。「個人情報」の保護という観点からも、対象者名簿の提供に違和感を覚えた。その後、どのような利用のされ方がなされるかも分からないのに、本人たちも知らないうちに電子データで渡してしまうなどということがまかり通ってしまう方が底恐ろしい。
  ※
 野党と一般紙の批判のあり方について述べた。いずれもTV等で知れた範囲のことであり、国会での論戦のすべてを聞いたわけではないし、その後の紙面での展開は知らない。あいかわらず東京新聞はがんばっていて、2月19日の「こちら特報部」では「名簿要求違法の恐れ」という見出しをかかげて特集を組んでいる。
  ※
 政権内部での虚偽、捏造、改竄が止まらない。勤労統計の統計方法の変更は「アベノミクス」の成果なるものに対する重大な疑惑を投げかけている。それでも各調査によると国民の内閣支持率は大きな変化はないのだという。その理由を解き明かすことは大切だし、考えてみたいと思っている。それにしても脱力感に襲われる。そんなことではいけないと、本当に久しぶりに「つい一言」を書いた。(2月19日)


# by yassall | 2019-02-19 16:43 | つい一言 | Trackback | Comments(0)

漱石山房記念館

c0252688_01105158.jpg
 18日は漱石山房記念館に出かけて来た。何年か前に建設計画が発表になり、一昨年の9月に開館したことがニュースになった。いつか行ってみようと思いながらこの日になった。
 地下鉄東西線早稲田駅から徒歩10分とある。地図にあったそれらしい路地を入っていく。あちこちに案内板が立っているので間違いはないのだろうが、本当にこの道でいいのかと不安になるような細い道である。写真は新宿区立早稲田小学校前の案内板。明治33年の創立で幼稚園を併設している。なかなか趣のある校舎である。
c0252688_01110269.jpg
 ゆるいアップダウンのある道を歩いて行くと目的地の記念館が見えて来た。漱石は引っ越し魔だったそうだが、朝日新聞に入社した明治40年(1907)、40歳でこの地に居をかまえてからは晩年までを過ごした。『虞美人草』以降の作品はここで書かれた。漱石山房と呼ばれたのもこの家である。
c0252688_01112476.jpg
 復元されたのは玄関から書斎にかけての一部で、ガラス張りの外壁が覆うような構造になっている。奥に見えるベランダが『硝子戸の中』を彷彿とさせる。このベランダで籐椅子に座った漱石の写真も残されている。
c0252688_01111341.jpg
 内部で復元されているのは書斎のみである。漱石の書斎は和室だとずっと思い込んで来たが、板敷きの洋間だったそうだ。広さは8畳という説と10畳という説があったが、壁に掛かっていた額絵の大きさから類推して10畳と判明したという。文机は神奈川近代文学館に残されていた実物を参考に、書棚の本は東北大学図書館に残されていた蔵書の背表紙を写真にとって再現したものだという。
 入館料は300円だが、有料なのは1Fのこの書斎がある部分と2Fの展示室のみで、導入展示やブックカフェのある1Fと情報検索システムや図書室のある地下は無料で利用できるようになっているらしい。もちろんカフェで飲み物を注文すれば有料になるが、近所にあったら日ごろの散策コースに入れてもいいなと思った。
c0252688_01113450.jpg
 裏庭は漱石公園となっている。石塔は猫塚だという。
c0252688_01114859.jpg
 近くに草間弥生美術館も新設されたというので足を伸ばしてみた。前まで来てみるとずいぶん人だかりしている。案内板をみると予約制で一度に入場できる人数と滞在していられる時間に制限があるらしい。帰りがけの人かな、と思ったのは間違いで、どうやらつぎの入れ替えを待っている人たちだったのだ。まあ、草間弥生は以前に新国立美術館で見たのでそれほどこだわらず、時間が空いた分、高田馬場まで歩くことにした。

 GM5+12-32mm

 ※この日もGM5を携行した。写真を撮るあてがなくても、首から提げていてまったく苦にならない。12-32mmは沈胴式でコンパクト、フードが装着できないという難点は、フィルターに37-52mmのステップアップリングを付け、エツミのラバーフードを組み合わせることで解消できる。12(24)mm側でもラバーを折りたたんでおけばケラれずに済む。


# by yassall | 2019-01-19 16:09 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

日本カメラ博物館

c0252688_18114227.jpg

 14日、天気も良かったし、3連休を家に閉じこもっているのもなあと、散歩がてら日本カメラ博物館に出かけて来た。前から一度行ってみたいと思っていながら、なかなか腰があがらなかったのだ。思い立ってみると意外にも交通の便はよい。有楽町線で永田町乗り換え、半蔵門線で半蔵門まで一駅。徒歩1分というのはウソではなかった。
 日本カメラ博物館は財団法人日本カメラ財団(JCII、Japan Camera Industry Institute)によって運営されている。敷地はマンションの一室という程度でけっして広くはない。カメラ史をたどれるよう散逸をふせぐために保存に重点があったのではないか。収蔵品のごく一部を展示して愛好家の鑑賞に供するということのようだ。寄贈品も多く、ライカのコレクションなどは壮観だった。
 企画展も催されており、今期は「フィルムカメラ展」で、カメラだけでなく、フィルムの歴史もたどれるようになっている。35mmフィルムは135フィルムとも呼ばれる。理由を知らないで来たが、1934年にイーストマンコダックが35mmフィルムをマガジン(パトローネ)に入れて販売したことが始まりだと知った。ベス単ということばは聞いたことはあったが、こちらも正しい意味を初めて知った。ベストはbestではなく服のvestであり、1912年にコダックが発売したVPK(VEST POCKET KODAK)に始まるのである。ベストのポケットに入ってしまうほど携帯に優れたカメラ(そのため、折りたためるように蛇腹が使われた)でたちまち大人気となり、類似品も数多く制作されたらしい。そのレンズに使われた単玉をベス単と愛称したということなのだ。
 携帯に便利といっても使用されたフィルムは127フィルムであり、中判カメラで使われた120フィルムに近い。ただ、展示されていたカメラを見ると、単玉のせいもあって確かにコンパクトである。カメラの進歩と普及にいかにコダックが大きな役割を果たしたかを実感した。
 (創成期にあっては日本では小西六の存在が大きい。前にも書いたが、コニカとミノルタがカメラ製造から撤退してしまったのは本当に残念だ。)

c0252688_18115446.jpg
 内部は撮影禁止だったのでガラス越しに外から。この日はGM5にSIGMAの19mmを付けて持ち歩いたが、これはという被写体とは出会えなかった。まあ、今まで知らずにいたのは恥ずかしかったが、135フィルムとベス単の由来を知ることが出来たのでよしとする。
  ※
 15日、今日は一転して曇天。若いころは冬枯れたこの時期も嫌いではなかっただが、カメラを持って出かけようという気にはならなかった。

# by yassall | 2019-01-15 19:09 | 日誌 | Trackback | Comments(0)

自己責任論の2004年と2018年

週刊誌『文春』は保守系のイメージが強い。月刊誌『文藝春秋』も同様だが、どちらかというと同じ保守でも本流との矜恃が感じられるような気がする。ネット配信されている「文春オンライン」はときどき同じ文春?というような記事が掲載されるときがある。「14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか?」で高遠菜穂子さんら3人が人質にされた2004年当時と、安田さんが解放された2018年の「自己責任論」の扱われ方についてまとめた記事があった。資料的にも価値があると思ったので、閣僚たちの発言や各紙の社説だけ抜き書きしておく。比較してみると2018年は新聞各紙は冷静であったようだが、その分、SNSで「自己責任論」が喧伝されていたと記者は伝えている。

文春オンライン
14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか?――2018下半期BEST5
「イラク3邦人人質」記事を読み直す
プチ鹿島
bunshun.jp/articles/-/9514

2004年4月9日 『危険地域、自己責任も 小池環境相』(読売新聞 夕刊)
「小池環境相は「(三人は)無謀ではないか。一般的に危ないと言われている所にあえて行くのは自分自身の責任の部分が多い」と指摘した。」

2004年4月16日 『3邦人 あすにも帰国』「閣僚から苦言続々」(読売新聞・夕刊)
「自己責任という言葉はきついかも知れないが、そういうことも考えて行動しないといけない。」(河村建夫文部科学相)
「どうぞご自由に行ってください。しかし万が一の時には自分で責任を負ってくださいということだ」(中川昭一経済産業相)
※このほか《「損害賠償を三人に求めるくらいのことがあっていい」との声も》という記載もあった。

2004年4月17日 「『身勝手』か『不屈の志か』」(毎日新聞)
「帰国して、頭を冷やしてよく考えて判断されることだと思います」(福田康夫官房長官)
「自己責任をはっきり打ち出してもらいたい。なぜ(3人の出国のために)チャーター機を出したのか。1人は『イラクに残りたい』と言っている。こういう認識には問題がある」(山東昭子元科学技術庁長官)
「救出に大変なカネがかかったが、誰も把握していない。7日間徹夜の努力をしており、(額を)国民の前に明らかにすべきだ」(公明党・冬柴鉄三幹事長)
 ※解放直後の4月16日の政治家の発言として。
(同じ4月16日、井上喜一防災担当相は《家族はまず「迷惑をかけて申し訳なかった」と言うべきで、自衛隊撤退が先に来るのはどうか》と発言している(朝日新聞 2004/4/20)。)

 一方で野党の政治家の声も載っている。
「将来にわたってイラク(復興)にかかわりたいという気持ちは大事だ。厳しい状況に置かれながら志を曲げないことにむしろ敬意を表したい。その志に対する批判なら、まったくの筋違いだ」(民主党・岡田克也幹事長)
「金銭的負担を被害者に求めるのは一番弱い立場の人に『自己責任』を押しつけるものだ。政府の言うことを聞かない人は法律で規制するというのは、個人の尊厳や自由を定めた憲法の精神と反する」(社民党・阿部知子政審会長)

2004年4月16日 『3人、18日にも帰国』「イラク人を嫌いになれない 高遠さん『活動続ける』」(毎日新聞・夕刊) 
「いかに善意でもこれだけの目に遭って、これだけ多くの政府の人が救出に努力してくれたのに、なおそういうことを言うのか。自覚を持っていただきたい」(小泉純一郎首相)

◎読売新聞・社説
《自己責任の自覚を欠いた、無謀かつ無責任な行動が、政府や関係機関などに、大きな無用の負担をかけている。深刻に反省すべき問題である》(2004年4月13日)
《政府・与党内には、救出費用の一部の負担を本人に求めるべきだという議論もある。これは検討に値する。独善的なボランティアなどの無謀な行動に対する抑止効果はあるかもしれない》(2004年4月19日)
◎読売新聞『編集手帳』
《人質にされた三人は政府の「退避勧告」を無視してイラクに出かけている。悪いのは一にも二にも卑劣な犯罪者だが、世に与えた迷惑の数々を見つめればきっと、三人もひとつ利口になるに違いない。》(2004年4月16日)

2004年4月16日 『自己責任問う声次々 政府・与党「費用の公開を」』(朝日新聞・夕刊)
《安倍幹事長は「山の遭難では救助費用は遭難者・家族に請求することもあるとの意見もあった」と指摘した》

2004年4月20日 『米国務長官は「『誇りにして」』(朝日新聞)
《パウエル米国務長官は15日、一部メディアとのインタビューで、イラクで人質になった市民の自己責任を問う声があることについて「誰も危険を冒さなければ私たちは前進しない」と強調。「より良い目的のため、みずから危険を冒した日本人たちがいたことを私はうれしく思う」と述べた》
《「日本では、人質になった人は自分の行動に責任を持つべきだと言う人がいるが」と聞かれたパウエル長官は、これに反論して「彼らや、危険を承知でイラクに派遣された兵士がいることを、日本の人々は誇りに思うべきだ」と語った》
 ※パウエル氏の言葉は4日後の記事でも補完されている。
「私たちは『あなたは危険を冒した、あなたのせいだ』とは言えない。彼らを安全に取り戻すためにできる、あらゆることをする義務がある」

2018年10月28日『「自己責任」独り歩き懸念 ネットで安田さんへ批判次々 経済用語使い方すり替え』(毎日新聞 10月28日)
《「<自己責任>とは何か」の著書がある桜井哲夫・東京経済大名誉教授(社会学)によると、1980年代後半のバブル経済時代の規制緩和の中で、リスクのある金融商品に投資する消費者に対し「自己責任が求められる」といった使われ方をした言葉だという》
《「日本で『自己責任』というと、約束とは関係なく一方的に弱者が責任を負わされたり、怒られたりするようになった」と指摘する。/その上で「経済用語にとどまっていたものが、04年の人質事件で社会的・政治的な言葉へとすり替えられ、政治家らの論理で弱い立場の人を批判することに使われた。14年たった今の社会はさらに疲弊し、弱者をたたく傾向が強まっている。ソーシャルメディアで簡単に発信できることが拍車をかけているように思われる」と懸念する》

2018年10月25日『【主張】安田さん解放 テロに屈してはならない』(産経新聞)
《危険を承知で現地に足を踏み入れたのだから自己責任であるとし、救出の必要性に疑問をはさむのは誤りである。理由の如何を問わず、国は自国民の安全や保護に責任を持つ》


# by yassall | 2019-01-13 20:45 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

今年の発句

無明坂やすやすと越ゆ梅うらうら
来し方を遠しと見れば梅うらうら

c0252688_18105112.jpg

                                  (武蔵丘陵森林公園の白梅)

 新年明けましておめでとうございます。
 今年も年賀状からの再録です。俳句はひねるといいますが、こんなのでもけっこうひねり出すのに苦労します。無明坂というのはもちろん造語です。自分は今、坂を登っているのか、下っているのか、どっちなんだろう? というような心境を表現したとでも思っていただければ幸いです。人間のそんな悩みをやすやすと越えて、梅は咲くべき時を誤らない……てなところでしょうか?
 NHK「日本人のお名前」正月特集や「赤旗」の坪内稔典さんの寄稿を読んだりすると、寝正月というのが正月の正しい過ごし方のようです。正月三が日は年徳神をお迎えし、接待する期間であって、そのために暮れの内に玄関を掃き清め(正月になってからはせっかくやって来た神様を掃き出してしまうのでNG!)、竹松の飾り付けをし、依り代となる餅を供える。初詣なんていうのも江戸時代になってからの風習で、本来は自宅にお招きする神様なのに、遠くの神社仏閣に参拝するのはおかしいらしい。そんなわけで朝から御神酒をいただきながら寝正月を決め込んだしだいでした。
 NHKの正月ドラマ「江戸を建てる(前編)水を制す」はけっこう面白かった。家康は国づくりにあたって治水と飲料水の確保を最重要課題とした。利根川の流れを変え、井の頭に水源を求めて神田上水を引いた。最初はたいして出来のよくないドラマだな、くらいの印象だったのですが、見ているうちに昨年の国会で採決が強行された水道民営化法を暗に批判しているように思えてきたのです。門井慶喜という小説家に原作があり、そのドラマ化だそうなので偶然かも知れませんが、例の「面従腹背」ということばを想起したわけです。もしそうであるとすれば、国民の側はそうして送られてくるメッセージを受けとめ損ねないようにしないといけないと思いました。
 何だか寝正月やら、TVにかじりついているのを正当化しているだけのような気もしないではありません。今年こそ、「ボーッ」としていないようにしようと思いながら、なかなか始動しません。まずは新年のごあいさつでした。
(あれ? 「チコちゃん」の「ボーッと生きてんじゃねえよ!」も我々を覚醒させようとする隠されたメッセージなのかな?)
 






# by yassall | 2019-01-04 19:09 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

今年の読書から

 今年の読書を振り返ることで一年のまとめをしてみたい。昨年、読書量も読書力も落ち、「到達点はもちろん現在地点でさえ見失いがちである」と書いた。状況は少しも変わらないのだが、一年という物理的な時間は過ぎたわけだし、そうした反省も含めて一里塚を立てておくことは必要だと思うのだ。

  小森陽一編著『「ポスト真実」の世界をどう生きるか』新日本出版社(2018)
  小森陽一『心脳コントロール社会』筑摩新書(2006)


 辺見庸が『瓦礫の中から言葉を』NHK出版新書(2012)で、福島第一原発で炉心溶解を起こしたと同時に日本の法制度も溶解現象を引き起こし、底が抜けてしまった、というようなことを書いていた。
 今年一年を振り返ると、フェイク、すり替え、隠蔽、改竄が平気でまかり通るようになってしまったことに危機感をいだかざるを得ない。いわゆる「森友・加計」問題のみならず、その後に審議された働き方「改革」法案や改定入管法においても審議の前提となるデータ等の隠蔽や改竄が発覚した。
 (公文書の書き換えが暴露され、批判されると、今度は公文書には詳細を記すなという指示が出されたという。こうなると、もう文明国とはいえない。)
 それにも関わらず、与党はごり押しして平然としている。よく恥ずかしげもなく、と私などは思ってしまうが、今まで違憲とされてきた「集団的自衛権」を閣議決定で覆してしまった政権であるから、ひとたび関門を突破したらあとは一瀉千里ということなのだろう。まさしく底が抜けたありさまなのである。
 上記の2冊は、そのようなフェイク=「ポスト真実」がまかり通ってしまうような社会がなぜ生まれたか、その実態、また「ポスト真実」がもたらすものを解明しようとしている。前者は小森陽一と香山リカ、比嘉喜高、浜矩子、西谷修らとの対談によって組み立てられている。後者は前者で紹介されていた本。現在は絶版中であるらしいので古書を探して取りよせた。
 非マイノリティの不本意感(※)、分断と対立、敵と被害者、島宇宙などがキーワードになるだろうか? 「真実」を探求するには考える力・問う力(疑う力)が必要だが、人類が培ってきたそうした理性にかかわる力がやすやすと破棄され、快・不快、好き・嫌いという動物的な「心脳」に働きかけ、コントロールされる社会が到来したということのようだ。しかも、それらがマーケティング、インターネット、ITを駆使して行われる時代となったのだ。
 (一例として、「改革」という言葉がプラスのイメージとしてとらえられるなら、「改革を止めるな」というワンフレーズを連呼し、反対する者たちに「抵抗勢力」「守旧派」というレッテル貼りをしてみせる。するとその中身がどうであるかに関わらず、大衆的な支持を集めるという現象が起きてしまう。)
 (「非マイノリティの不本意感」は、後のテーマともかかわるグローバリズムの進行による国際競争の激化がもたらした、いわゆる中間層の解体にかかわっているのだろう。マイノリティに対して「特権化」という攻撃を浴びせているのはまさに「敵」を見誤っているのである。)
  ※
 それらと立ち向かうのは容易なことではない。考える力、読み解く力、人びととつながる力の基礎となるのは言葉の力である。

  紅野謙介『国語教育の危機』ちくま新書(2018)
  堤未果『日本が売られる』幻冬舎新書(2018)


 新『学習指導要領』の改定に向けての中教審『答申』(2016)では、「主体的・対話的で深い学び」や「情報を多面的・多角的に精査し構造化する力」が強調されたということである。まさに分断やポスト真実の時代を乗り越えるために必要な学力といっていいだろう。しかし、具体的な各教科の改定内容や入試「改革」とも一体となったその方向性をたどっていくと、それが真に「主体性」や「対話力」、情報の真偽を見極めていくためのリテラシーを育てていくようには見えないのである。
 「国語」における記述式問題の導入においても、サンプルとして提示された問題例は「景観保護ガイドライン」や「駐車場契約書」であったりで、もちろん扱い方にもよるだろうが、思考力や洞察力を高めたり養ったりするものであるかどうかはまことに疑わしい。
 「国語」の科目編成でも、まっさきに目に付くのは「論理国語」と「文学国語」の分離である。実際の教科書が出揃ってみないと何ともいえないが、「論理的な思考力」を育てるとしながら、言語を限りなく記号としてとらえていけば単純化するしかなく、ニュアンスは度外視されてしまう。言語の単純化がいかに人間の思考力を奪っていくかはオーウェルの『1984年』に見るとおりである。
 「文学国語」という設定にも疑問を感じる。「言語の価値」を認めているように見えながら、果たして文学を「言語文化」という枠に閉じ込めてよいものなのか? その分量も含めて近代文学がどう扱われていくかはまだ不明だが、近代文学とは日本人がいかに近代という時代と格闘してきたかの証だと、少なくとも私は考えてきたのである。
   ※
 『貧困大国アメリカ』を書いた堤未果の『日本が売られる』はよく読まれているようだ。書かれている内容は私なりにつかめていると思っていたので買っておいたままになっていたが、知人の読書評を読んでこれは緊急にも読まなくてはならないと思い返した。
 第1章第1項で最初に取り上げられているのは「水が売られる」である。先の国会で水道民営化法が可決した。衆院ではわずか8時間の審議であった。いつのまにこんなことが、というのが実感だが、すでに2013年に麻生財務大臣がアメリカに出向いて「水道は…すべて民営化します」と表明しているのだそうだ(戦略国際問題研究所CSISにて)。つまりは日本がいまだにアメリカへの従属から逃れられていないこと、海外の巨大メジャーの圧力に耐えきれなくなったこと、せいぜいが日本も含めた巨大資本が国境を越えて活動できる環境づくりに反対できないというところだろう。
 何でもコンセッション方式というらしいが、水道管施設の所有権は自治体に、浄水場の運営権は水道メジャーにということになるらしい。そのことは本書でも触れられているが、その理由も分かった。地震や台風と行った自然災害の多い日本ではしばしば水道設備が大きな打撃を受ける。そのことが海外メジャーの日本進出をためらわせてきたが、水道管の修復は日本で(せいぜい折半で)というなら安心だというのである。民営化を推進する側は水道施設の老朽化などと、もっともらしい理由づけをしているが、みな嘘っぱちである。
 第2章第1節は「労働者が売られる」である。先にあげた働き方「改革」法や改定入管法による外国人労働者の受け入れは「人手不足」が問題なのではなく、労働者を慢性的に低賃金・長時間労働に押しとどめる(あるいは今以上に切り下げる」ためであり、「企業が世界で一番活躍しやすい国づくり」という現政権の政策を実現しようというものである。
 ネトウヨたちは現政権に批判的な人物や組織を「反日」と決めつける。「反日」というのは戦前でいう「売国奴」ということだろう。誰が「国を売ろう」としているのか、そうした非難を繰り返す人びとはこの本を読んでよく考えた方がいい。
  
  見田宗介『現代社会はどこへ向かうか』岩波新書(2018)
  竹田青嗣『哲学は資本主義を変えられるか』角川文庫(2016)
 
 堤未果『日本が売られる』には、働き方「改革」法案や水道民営化法案など、それでもまだ比較的に表面化した問題以外にも、種子法の廃止や漁業法改定など隠密裏にすすめられてしまった制度改変の問題点と危険性も指摘されている。そのレポート力に感嘆すると同時に、「遠くのわかりやすい敵に気を取られ、近くにいる一番危険な敵を見落とせば、気づいたときには全方位囲まれて、あっという間にやられてしまう」という警告が身に迫った。
 そしてもうひとつ私が実感していたのは「商品一元化」という資本主義の原理である。「水」という生存にかかわる最も基本的な自然物も、人間の労働力も「商品」として値をつけ、もうけの対象として止まることを知らない。それはすでに「暴走」と呼ぶしかない域にまで達しているようだ。
 見田宗介『現代社会はどこへ向かうか』はロジスティック曲線(Ⅰ大増殖期以前、Ⅱ大増殖期、Ⅲ安定平衡期)をモデルにしながら、近代社会および資本主義が向かうべき方向を示そうとした一冊である。資本主義の矛盾は「域外」からの資源の調達と「域外」への排出にある。しかし、グローバリズムは「最終的」な有限性を露呈するにいたり、その矛盾の克服は急務であるとする。修正ロジスティック曲線という用語も紹介されており、その課題に応えられなければ「安定平衡期」ならぬ滅亡が訪れるというのである。
  ※
 竹田青嗣『哲学は資本主義を変えられるか』は、以前に『人間の未来』として出版されたものを文庫化にあたって加筆訂正し、新しい題名を付した本であるとのことだ。ホップス、ルソー、ヘーゲルの系譜に近代社会を基礎つける論理と思想があり、そこで示された「社会契約」「一般意志」「自由の相互承認」を市民的ルールとして再確立しなければならない、というのが主張の中心である(と私は読んだ)。
 権力がなくなればルールが成立せず、権力がなくなれば支配がなくなるというのは錯覚である、資本主義(自由市場)システムがなければ「市民国家」自体が可能でない、とする主張は、結局は体制を容認することにつながるが、まったく説得力を欠いているわけではない。資本主義を分析・批判したマルクスも、資本主義による経済発展が社会主義の前提になるとしている。
 国家は階級支配の道具である、というのは、国家の本質が官僚機構と暴力装置としての軍隊にあるとすれば、秩序の維持の名の下にしばしば国民を弾圧し、そればかりか(『日本が売られる』で見たように)ときに国民を売り渡そうとするところから、今日でもけっして誤りとはいえないと考える。それでも、「国家」にはそれだけでは足りない要素があるというのも気が付いていたところだ。
 ヘーゲルのいう「理性国家」を認めるなら、社会主義「国家」が計画経済をコントロールしていくことが可能だったのではないか、という素朴な疑問も読んでいて感じた。マルクスもヘーゲルから出たのだから当然なのか。
 このように賛意と反発が相前後している段階なのだが、「現在の大量消費、大量廃棄型の資本主義の性格を根本的に修正し、同時に、現代国家を「自由の相互承認」にもとづく普遍ルール社会へと成熟させる道」を模索していることには深く興味をそそられたし、さらに読み込んでみようとも思った。

  仲正昌樹『今こそアーレントを読み直す』講談社現代新書(2009)
  山崎雅弘『日本会議』集英社新書(2016)
  菅野完『日本会議の研究』扶桑社新書(2016)
  安田浩一『「右翼」の戦後史』講談社現代新書(2018)


 最初の2冊は以前にも紹介した読書会のテキスト、あとの2冊はその関連で読んだ。昨年のネイションから続く、国家と民族とは何かという問題意識にもとづく。


  末近浩太『イスラーム主義』岩波新書(2018)


 これも方向性は少し異なるが同じ問題意識から読んだ。アーレントは国民国家の中に「自/他」の二分法を見たが、国民国家が直接排外主義をもたらすのではない。グローバル化した競争社会が排外主義をもたらし、その一部が全体主義化していったのである。イスラーム主義もまた西欧への対抗として生まれた。その中に「もう一つの近代」あるいは新たな普遍主義の可能性が存在するかどうかがテーマである。
  ※
 本当は、もっと探究的でなければならないと思いながら、私の読書は寄り道のしっぱなしである。つまらない本もさんざん読んだが、


   植木等『夢を食い続けた男』ちくま文庫(2018)


 は面白かった。戦前期の社会主義運動や水平社の運動にかかわった、父、徹誠の一代記として書かれている。


# by yassall | 2018-12-31 02:51 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

藤子不二雄A展・カタストロフ美術のちから展

c0252688_17554616.jpg
 20日は車の定期点検。ディーラーは三田線の蓮根にある。待ち時間の間を利用してどこかへ出かけようと考えていた。この時期になってしまうと紅葉はどこも終わりだから美術館めぐりが適当なところである。かといってフェルメールもムンクも見たいと思わない。そこで藤子不二雄Aとなってしまうのが不思議なところだが、なぜかこの方が今の私のどこかを活性化させてくれるような気がしたのだ。
 三田線だと六本木へは日比谷で乗り換えなくてはならない。座席に座れたので本を読んでいたらうっかり乗り過ごしてしまい、また引き返してくるなどというヘマをしながら出かけていった。
 懐かしい、というようなことでもない。『少年サンデー』を読んでいたのは小学生のころだからせいぜい「オバQ」までだろう。今回初めて知ったのだが、本名我孫子素雄と藤本弘が藤子不二雄として合作していたのはその「オバQ]までで、藤本弘が子ども向け漫画に純化していったのに対し、我孫子素雄の方はブラックユーモアを始め、さまざまなジャンルを開拓していった。コンビを解散したのが1987年。藤本弘が亡くなったのが1996年。我孫子素雄はトキワ荘世代の生き残りとして、今も現役の漫画家として描き続けている。その創作力の秘密に触れられたかどうかは別として、会場に入るや喪黒福造の人形がスツールに腰掛ける「BAR鷹の巣」のセットが設えてあったりしてけっこう楽しめた。
c0252688_17555626.jpg
 さて、「藤子不二雄A展」は52階展望台の壁面を利用しての展覧会であったが、53階の森美術館では15周年記念展として「カタストロフと美術のちから展」が開催されていた。共通券でもあったのでこちらも回ってみた。これがなかなかの見っけものであった。
 リーフレットには「東日本大震災などの自然災害、戦争やテロ、難民問題や個人的な悲劇まで、絶えず私たちを襲うカタストロフ(大惨事)。その時、美術はどのようにこれらと対峙し、どのような役割を果たすことができるのしょうか」と趣旨のことばが述べられており、会場に入ると若き日に出会ったJ.P.サルトルの「飢えた子どもたちの前で文学は有効か」ということばが引用されたあいさつ文が掲示されている。まず、その企画力でもって森美術館を見直す思いがした。
c0252688_02401859.jpg
 多くは若い現代作家によるもので、実験的な作品が多数を占めていた。平川恒太(1987年生)「ブラックタイマー」は108個の電波時計に黒の顔料で福島第一原発の作業員の顔を描き込んだ作品である。(福島には東日本エリアをカバーする標準電波の送信局があるのである。)
 最初は壁一面に真っ黒な円盤が並べられているようにしか見えないのだが、近づくとコチコトと時を刻む音が聞こえ、黒い顔料の中に透かし彫りのように作業服姿の顔が浮かび上がってくる。
c0252688_17561112.jpg
 アイ・ウエイウエイ(1957年北京生ベルリン在住)「オデッセイ」は難民問題をテーマにした作品。古代ギリシャの陶器の絵付けを思わせる精緻な描写でボートに乗りこんだ難民やこれを追う兵士たちが描かれている。
c0252688_17562146.jpg
 オノ・ヨーコ「色を加えるペインティング《難民船》」。参加型インスタレーションという説明があり、来場者によって色やメッセージが書き加えられていく。係の人が小部屋の前に控えていて、靴カバーとクレヨンを渡してくれた。



# by yassall | 2018-12-27 02:35 | 散歩 | Trackback | Comments(0)